全記事一覧(サイトマップ)

他人になにかをおススメする事の難しさと責任と心強さと

ブログを書いてる人は(割合の大小はあるけど)収益化を考えていると思います。

ボクもゆくゆくは、と思いながら日々勉強しています。

仲良しブロガーさんが「ついにアドセンスの振込に到達!」とか「発生○○円達成しました!」とか言ってるのを見ると、すごくいい刺激をもらえてうれしい気持ちにもなりますし。

今回は物販を含めたアフェリエイト的な部分の話です。

自分で案件探して貼ることで収益を見込むヤツですね

スポンサーリンク

他人におススメする事の難しさ

メチャメチャ美味しいお菓子があったよ。家族に紹介しよう。

コレは簡単な事です。
自分の事を知ってくれている人におススメするわけだから。

おススメする物も実際に自分が食べてる物だから事細かに説明もできるし、どこで買って値段はどのくらいで、みたいな付加情報もダイレクトに伝えられるから。

こんなサービスがあったよ。世の中の人に紹介したいなあ。

コレはちょっと難しいかもしれません。
自分のことを知らない不特定多数の人に、いきなりおススメするってことですからね。

実際に自分が体験して、その中で良かった部分を心に響く伝え方をしなくてはいけないし、ダイレクトな言葉じゃなく文章でおススメしないといけないから。

だからそこには言葉のニュアンスとか、前後の紹介文との整合性とか、誤解が生じないように気を付けなくてはいけないと思うんです。

商品だったら実際に購入して使ってみる。

サービスだったら実際に体験してみる。

そういうリアルな情報があると具体性が増しますよね。

スポンサーリンク

他人におススメする事への責任

おススメしたい物って、好きとか使いやすいとか値段が安いとか、そういうポジティブなイメージがまずありますよね。

だけど時には自信を持っておススメした商品やサービスに対して、後から「アレ?なんか違くね?」って思う事もよくある話で。

そう思う事は別にいけない事ではないのですが。
もしそういうイメージを持ったのであれば、そこも記事にして伝える責任があると思うのです。

もし、ポジティブに思っている時点での記事だけを見て反応してくれた方がいたとして。

でも実はそこには大きなデメリットがあって、自分ではそこに気が付いて印象が変わってしまっている。

だったらそこまで記事にしてお伝えするべきじゃないかな?

って。

まあ実際は古い記事への追記とか更新とかって忘れがちになってしまうのはボクも同じ。

一つのキレイごととしてお納めください。

スポンサーリンク

他人におススメする時の禁じ手

物販でもサービスでも、良い物を紹介してそれが他の人に有益な結果となる。

そして紹介料という名目の収益を頂戴する。

これがあるべき姿だと思います。
当たり前ですけどね。

大前提として覚えておきたいことが一つだけあるよ

良い物は良い。
これは相対評価じゃなく絶対評価です。

Aという商品をおススメする為に比較材料としてBという商品を並べる。

これは普通の事。
っていうかセオリー。

だけど、同列の比較じゃなくて、コレを使わないとこうなってしまうというネガキャン的な手法が目につくんですよ、最近。

本筋に関係のない物をコキおろしてディスるのはいかがなものかと。

関係のない人やモノを引き合いに出して煽るのはちょっとダメじゃないかなって。

○○はこういう物がこんなにたくさん付着してるから、私の勧める◇◇を使って処理するべき。
それをしないと健康に云々……

論理としては間違っていないと思います。

全部正しい情報ならね。

「悩み」⇒「改善する方法」⇒「提案」⇒「CTA」っていう基本に忠実な誘導だし。

だけど引き合いに出された方々への配慮が感じられないんですよね。


これが変に拡散されて前半のデメリットだけが独り歩きしたらどうするつもりなんだろう。

ただの風評被害を助長してるだけじゃんかって思ってしまいました。

煽るだけ煽って、自分の収入へのルートができたら後は知らん顔。
ってのはダサいです。

控えめに言ってダサい。

ブログやアフェリサイトを見て参考にする人って、必ずしもそういう知識があるってわけではないですからね。

それこそおじいちゃんおばあちゃんなんか、たまたま見かけたこういう情報に対して疑う事も比較する事もしないで信じ込んでしまう方が多いと思います。

そういう事が当たり前になると、WEB上の広告とかの信頼度がグンと下がってしまうから。
結果として、真っ当な方法で運営されている方も同類とみなされてしまう事に。

どうせネットでうさんくさいもの売りつけてんでしょ

って思われてしまうのですよ。
悲しいけどコレが世の中の認識。

世の中のアフェリエイターさんに対してもメチャメチャ失礼な事してる、っていう自覚はあるのかなあ。

スポンサーリンク

まとめ|他人に何かをすすめるのって実は難しい

人それぞれ、置かれている環境も目指す道も違います。

だからやり方は色々あっていい。
仲間ウチでキャッキャウフフやってる分には別にいい(横から見てネタにはさせてもらうけど)。
変なグループに入ってしまって遠回りしてしまっても、それは自分の判断で動いたのであれば自己責任だから仕方ない。

だけどね。

誰かの個人的な利益のためだけに、一生懸命頑張っている人の足が引っ張られる事だけはガマンできなくて。

ズルい考えなのかもしれないけど、そんな感じです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました