ブログを書く理由。ブログを書くという事の意味。

ブログを書く理由とブログを書く意味 インターネット・ブログ

過去にはFC2とかseesaaとかの無料ブログもかじった事があります。

その後はてなブログ、ちょっと楽しくなってきたので有料のproにしたりして。
それこそ最初は「見出し」ってなに?レベルだったのですが、いろいろと覚えるとこれがまあ面白い。

↑これが出したくて「棒」とか「長方形」とかで一生懸命変換していたのは、まあまあ恥ずかしい。

 

CSS?なにそれオイシイの、だったからね

 

そんなこんなでノリと勢いだけでワードプレスで運営する事にしたのが4か月くらい前。
自前でサーバーを契約して先輩方のサイトで勉強しまくって。
ゆるゆるなスタンスでダラダラと書いています。

 

そこはちゃんとやった方がいいんじゃない?

 

レベルがあがった、なんておこがましくて言えないのですが。

「ひのきの棒にかわのふく」というスタート時の装備が「どうのつるぎにくさりかたびら」くらいにはなったかな、と思っています。

 

ホイミを早く覚えないとね

 

今のボクのブログに対するスタンスを整理してみようと思います。

 

こんな人に読んでほしい

・ブログをはじめて間もない人
・ブログの方向性に迷っている人
・とにかくブログ大好き!な人

 

 

 

ブログをはじめる前

自分の記憶からも無くなりつつあったんだけど、ブログを始める前にキュレーションの真似事をしていた時期がありまして。

御存知「NAVERまとめ」。

なんでやろうと思ったのかよく覚えていないんだけど、おそらく「サラリーマン 副業」とか「簡単 副収入」とかでググってたんだと思います。

知識も経験もないので、適当に調べたサイトさんから文章を借りたり画像を借りたりしてるだけ。
ネットでの常識とかマナーとか、そういうのも全然知らなかったし気にもしていなかったし。

今思うと結構ダメな事してましたね。

その後、他のキュレーションサイトがある問題で大きく取り上げられたあたりからボクも足が遠のいていたのです。

で、ふと思い出して何か月かぶりにログインしてみたら。

見出し

▲あれ?なんか発生してるぞ。

当時は気が向いた時にだけ「オレ、キュレーター、ヨロシク」くらいのスタンスで作業してたのですが、1日一桁円くらいの結果しかなかったんですね。

ブログでも同じ事が言えると思うんだけど、こんなんだったら他の事やってた方がいいやって感じでフェードアウトしていたのです。
それが実は緩やかに動いていてくれたみたいで。
気付いたらちょっとまとまった収益になっていました。

まあ、だからといって今改めてキュレーションをするつもりは1ミリもありません。

それよりもブログの方が楽しいじゃん、って気づいてしまったから。

ブログならもっとやり方がありそうだし。

 

 

キュレーションとブログ

キュレーションサイトって、あくまでも既存の材料をいろんな所から集めてきて、それを分かりやすくまとめるといった作業がメインだと思うんです。

だからそこには「考える事」とか「自分の言葉で伝える事」とか「発信した事に対する責任」とか、そういう物があんまりないんじゃないかと勝手に思っています。
それはそれで否定しないけど、あんまり面白くないかなって。

昔ながらの(ただ切れっぱしをまとめただけの)キュレーション的なサイトは今後無くなっていくと思います。

淘汰されるって感じかもしれません。

個性がないから。

情報があふれている状況の中で、個性、オリジナリティの乏しい物は次第に廃れていく様な気がしているのです。

対してブログ。

どんな記事であれ、きちんと考えて書かれている物には書いている人の熱量が感じられる。

熱量が感じられる物には感情移入ができる。

感情移入が出来る物は評価される。

同じ物を宣伝するにしても、コピーして1000枚作ったチラシと人がきちんと考えて書き上げた手紙、どっちが人の心を動かすのか、みたいな感じですかね。

エラそうに語ってしまいましたが、なんとなくダラダラと書いてきたブログ、まあまあ生活の一部になって来ています。

仕事しててもムスメと遊んでても、なんか面白い出来事とか気になる事とか出てきたら「コレはネタにできないかな」って考えてる自分がいるのです。

考え過ぎてハズカシイ思いをする事もあるけど、それもまた「次のネタにできないかな」って。

ネタの無限ループですよ。ニヤニヤがとまりません。

 

 

ブログを『資産』にしたい

適当にチョチョイって書いただけの物は「ブログ」という形態はとっているけど、それを『資産』とは呼べないと思います。

あくまでも継続していくことが大前提。

継続する事でブログも成長するし、ひいては書き手のあなた(=ボク)も成長出来るのですよ。
そうやって継続していくブログが将来的に『資産』となるっていう事なんじゃないかなって思いますね。

 

書く時に少しだけ気を付けている事

こんな感じで普段からなんとなく書きたいネタとか使えそうなワードとか気にしていると、材料だけはそれなりに貯まってきます。

だけど貯まってるだけ(インプット)で全然伝えられて(アウトプット)いないのが現状。
これは割と陥りやすいので、自分でも注意をしています。

漠然と貯めていた材料を上手に伝えるためには、頭の中で厨房をイメージするといい、と教えてもらった事があります。

これをどんな風に料理して完成させるか。
これはどんな人に食べて欲しいのか。
これを食べた人はどんな反応をするのか。
これを食べる事でどんな効果を与えられるのか。

 

集めたネタを1つの記事としてまとめる構成力、考えている事を的確に伝える文章力、読みやすい記事になる様にビジュアルにも気を使うデザイン力、そこらへんがブロガーとして必要なスキルなんじゃないかなって、最近少し考えるようになりました。

そういう意味では、キュレーションの経験も少しは活かせているのではないかなと思ってたり思ってなかったり。

 

 

ブログを書く事のメリット

メリットっていう捉え方は人それぞれだと思うので、ココではボク自身がメリットって思ってる事という意味あいで。

 

頭の中を整理する訓練になる

日々いろんな事を考えていると頭の中がワチャワチャしてしまいがちなんだけど、文章におこす事で整理が出来ると思います。

アウトプットの重要性ってヤツです。ブロガーっぽく言うと。

バラバラになっていた点を繋いで筋道の通った内容に、みたいなイメージで。

どうしてこういう考えにいきついたのか、自分の言いたい事はなんなのか、今自分の頭の中にある物は相手にきちんと伝わる内容なのか、そういう思考の整理っていうのは日常生活でも役に立つと思いますよ。

仕事でも恋愛でも、言いたいことを言いたいニュアンスで伝えるのって大事だけどメチャ難しいから。

ボクも比較的話の内容がいろんな方向に飛びがちだったんだけど、ブログを書くようになってからは少しだけ改善出来ているのではないかと。

少しだけです、少しだけ。

 

生活に刺激が感じられる

なんとなく起きてなんとなく食べてなんとなく仕事してなんとなく寝る。

ボクもこんな感じの生活を過ごしていた時期があったのです。

ダラダラと適当に波風立たない様に目立たない様に。
それはそれで楽だったけどイマイチ面白みに欠けていたのではないかと今になって思っています。

今ではブログを書くっていう目的があるからなのか、そういうスタンスで行動している事が多くて。

普通に歩いてても新しい発見があったりして楽しいですね。

今までは無意識でとっていた行動を意識的に捉える事が出来るから、なんでもない事でもありがたみを感じる事だって出来るのです。

なんでもネタ化して考えてしまうのはちょっと直さなければいけないとは思うけど。

 

当たり前にあるものの大切さに気が付ける

「当たり前にあるもの」っていうのはみんな違うと思います。

例えばお金。

ブログは収益という面でも資産価値のある物に育てる事が可能です。
初めての収益が反映された時って、それが小銭程度だとしても嬉しい物。
なんせ自分がイチから始めた事がお金になるんですよ。

この何十円を発生させるためにどれほどの労力を使ったか、それを考えるとお金の大切さっていうか重みっていうか、実感できると思います。

例えば時間。

ボクもそうなんだけど、本業を抱えながらのブログ運営って挫折しそうなポイントがいくつもあって。
挫折してしまう一番大きな原因が「書く時間がない」っていう事なのではないかと思います。

まとまった時間を毎日ブログに充てる訳にはいかないので、どうしても細切れの時間を有効に使っていかないと継続する事って難しいのです。

これとこれの合間に30分あるから記事の下書きできるなとか、ここのお客さんの所までは電車での移動時間が1時間弱あるからネタ帳に次のテーマを書きまくっておこうとか。

クソツマラナイ会議が2時間あるから仕事してるフリして画像をガリガリ作っておこうとか。

タイムマネジメントっていったらカッコよすぎるけど、それだけで結構使えるスキルが自然と身についていたりするのではないでしょうか。

 

様々な人たちと繋がる事もできる

普通に暮らしてたら絶対に知り合う事が出来ない様な人、どう考えても接点が無かった人、そんな人たちとブログきっかけでつながる事もできるのです。

世代も性別もなんなら国籍だって飛び越えて交流が出来る、ってスゴイですよね。
同じ方向を向いている人たちと交流していると、メチャメチャいい刺激がもらえる事が多いし。

ボクのリアル生息エリアだけだったら、接点のある人って限られてしまうんだけど。

家族と会社と地元のツレ、80パーはそれで占められてしまう勢い。

 

友達少なすぎ説

 

本業の絡みがあるから、まあまあ有名なアパレル業界のエライさんとかは飲みに行く仲だけど、それはかなりレアなケース。
自分の知らない世界にいる人たちからもらう情報とかパワーとか、すごく貴重だと思いますよ。

そういう所から刺激を受けてもっとがんばろうって思えるのはメリット以外の何物でもない。

あと、自分では大した事言ってないつもりなのにたくさんの人に共感してもらえるのって嬉しいことですよ。

そうすると自分の向上心みたいな部分も刺激されるからどんどんレベルアップしていける。

ブログすげーなってマジで思います。

逆にボクみたいなもんが誰かに刺激を与えられているのかも、なんて考えたらニヤニヤが止まらない。

 

発信力ハンパない

ボクはまだまだなんだけど、この世界にちょっとでも絡んでる人なら知っている超有名なブロガーさんていっぱいいると思います。
インフルエンサーって呼ばれる人たちもそう。

こういう人たちの発信する情報っていうのは、ネットのスピード感をフルに活かして信じられない程の影響を世の中に与える物で。

ブログ以外のツール(SNSとか)も含みますが、そういう影響力のある人の発信によって多数の人間の行動を促進する事だってできるんです。

なにかの災害が起こってしまった時、被害に遭われた方への支援もできる。
困っている人に対して、影響力のある人の呼びかけによって手をさしのべる事だってできる。

ものすごく世の中に貢献しているじゃないですか。

ブログすげーなってマジで思います。(2回目)

そういえばウチのムスメ、将来の夢が「インフルエンサー」だった模様。

収益化も出来る

大して出来ていないボクが言うのもなんなんだけど。

ブログを継続していくと収益化できる可能性だってあるのです。
正直言ってブログ始めようと思ったきっかけってこの部分が結構大きいんだけど。
まあそんなに簡単な物ではないから日々勉強です。

最初に書いたキュレーションと同じく、一生懸命書いた記事っていうのはいつか実を結んで収益という名の花を咲かせてくれる物だと信じたい。
(ウマい事言ったつもりだけど、そんなでもなかった)

 

なんか楽しい

今はぶっちゃけコレが一番大きいかもしれないです。

結局まとめると「楽しい」っていう事になるんじゃないかなって。

  • 思考が整理出来てスッキリするから楽しい。
  • 毎日刺激的で楽しい。
  • 時間やお金の大切さが身に染みるから普段の生活にハリが合って楽しい。
  • 色んな人達とお知り合いになる事ができてメッチャ楽しい。
  • 発信する事で一個人でも何か出来るかもって考えたら楽しい。
  • 収益化出来たらメチャ楽しい。

全ては「楽しい」に繋がっているんだって実感しはじめています。

 

 

ブログがもたらす『資産』

大前提としては継続する事。

その上で自分の考えとかスキル、発信する情報等、読んでくれる人が読んでよかったと思える内容を意識していく。

そういうブログっていうのはファンも付きやすいし色んなところからの評価も高い物。

資産とは?
将来的に会社に収益をもたらすことが期待される経済的価値
出典 Wikipedia

 

資金でもなければ資本でもない。要するに「長期的な収益が期待できる財産」っていう感じでいいと思います。

そして、この収益っていうのは必ずしもマネーに限った物ではないという事もポイント。

 

金銭的資産

これにはもう一つ前提があって。

収益化できる仕組みを利用している事が必須。

アドセンスだったりアフェリエイトリンクだったり。
有料noteでもいいしココナラみたいなスキル販売だっていい。

教科書みたいな言い方でアレなんだけど、良質な記事を長期的に書き続けている事がそのブログを将来的な資産にしてくれるのは間違いないと思います。

ここで注意したいのが「長期的」っていう部分。

資産になるブログっていうのは、ある程度の時間をかけて育てた結果として、ある程度コンスタントに継続した収益を持ってきてくれる物なのかもしれません。

月に6~7ケタ万円とかを繰り返していきたいのならゴリゴリの特化アフェリエイトをやった方がいいのではないかと。

ボクはそこを目指している訳ではないので、雑食的なブログを少しずつ育てていく事でゆくゆくは資産にできたらいいな、って感じですかね。

 

精神的資産

自分で考えて自分で書く、この作業の結果として生み出された記事に対して色々な反応を頂く。

コレって実はスゴイ事なんじゃないかなって思うのです。

有名人でもない一個人が発信した物が世の中に出ていく、それについて意見やアドバイス、時にはお叱りとか批評もありながら。

これを嬉しいと思える様になれば、そのブログは精神的な資産として自分自身に幸せをもたらしてくれるものになると思います。

そういう反応の1つ1つが自分を成長させてくれるものになっていくハズだから。

 

技術的資産

どんなブログであろうが(完コピのパクリサイトは除く)、そこにはオリジナリティがあるわけで。

そこには自分の頭で考えて自分の手がで書き上げるというワークが存在しているわけで。

「自分の頭で考える」っていうのは、ネタの収集とか情報の裏付けを調べるとかのインプット作業、「自分の手で書き上げる」っていうのは分かりやすい言葉とか読みやすい構成に仕上げるとかのアウトプット作業になりますね。

カッコいい言い方をすると、マーケティングのスキルとかライティングのスキルとか、そんな感じのスキルがいつの間にか身についている事だって現実的にあるのではないかと。

 

ブログは金銭的、精神的、技術的な資産になるスーパーツール

 

 

ブログに改めて向き合ってみよう

なんとなく始めてなんとなく続けていたブログなんだけど、なんとなく継続出来そうな気がしてきました。

まあ、あくまでも趣味の範囲内でしか出来ないんだけど、そこはウマいことバランスをとりながら行こうかと。

ここまで書いてきて気が付いてしまいました。

今回の内容は一言でまとめられちゃいますね。

 

ブログってスゲーよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました