横浜のお出かけスポットの新定番!カップヌードルミュージアムが楽しすぎる

カップヌードルミュージアム スポット

横浜にカップヌードルの全てがわかるスポットがあるって知っていましたか?

・横浜カップヌードルミュージアムのことがわかります
・お出かけやデートスポットの選択肢が広がります
・無性にラーメンが食べたくなるかもしれません

ボクは最近はムスメ達を色々な所に連れていこうと心がけています。

我が家からボクの実家まではチャリンコで30分、ヨメの実家までは電車で3駅という、親としてはある意味恵まれた環境。

だけど、ムスメ達にとっては「田舎のおばあちゃんの所へ遊びに行く」という小学生ならそれなりにテンションのあがるイベントが開催できないんですよね。

だから週末は積極的に連れ回していこうと思っていたりして。

先日ヨメと相談の結果、横浜に行った事がないという事が発覚したので急いで企画会議。

子供が楽しめるスポットを探したらズバーン来るものがありました。

カップヌードルミュージアム 横浜
「カップヌードルミュージアム 横浜」は、インスタントラーメンにまつわるさまざまな展示や体験工房など通じて、発明・発見の大切さやベンチャーマインドについて楽しみながら学べる体験型ミュージアムです。

それがカップヌードルミュージアム。

インスタントラーメンの生みの親である「安藤百福」さんの功績を隅から隅までズズイッと楽しめる博物館です。

横浜カップヌードルミュージアム

いわゆる企業ミュージアムなのですが、体験型のアトラクションやオリジナルの商品を作る事が出来るという事で大人気です。

年間100万人以上の来館客があるとの事。

安藤百福さんの発明の考え方やインスタントラーメンの歴史を学べる博物館としての展示。

オリジナルのラーメンを作る事ができるテーマパーク的なアトラクション。

大きくわけてこの2つを楽しむ事になりますね。

インスタントラーメンヒストリーキューブ

「チキンラーメン」から始まったインスタントラーメンがどんどん発展していく歴史を展示しています。

今では全世界では約1000億食消費されると言われているインスタントラーメン。

その始まりは、安藤百福さんの発明した「チキンラーメン」から始まっているのです。

メチャメチャ懐かしいのもあって見入ってしまい、家族に取り残されてしまう一幕もありました。

カップヌードルパーク

子供がメチャメチャ喜んでました。

工場の中の「麺」としてアトラクションを楽しみながら、その生産工程を学ぶことができます。

年齢制限、身長制限があるのでご注意下さい。

カップヌードルパーク

カップヌードルミュージアム横浜/4階

運営時間:10:30~17:30(最終受付 17:00)
年齢制限:3歳以上
身長制限:90cm以上
所用時間:30分間(利用時間25分間)
料金:300円

マイカップヌードルファクトリー

カップヌードルファクトリー

このミュージアムの一番の目玉ではないでしょうか。

御存知「カップヌードル」をオリジナルで作成する事ができるという夢の様なアトラクション。

混雑が予想されるので、予定の決まっている方は前売券を購入しておく事をおススメします。
ローチケで翌々月までの「マイカップヌードルファクトリー利用券」付きの前売り券を購入する事が可能です。

まずは専用カップにデザインを

1食300円でカップを購入します。
同時に手指の消毒もしておきましょう。

順番にテーブルに案内されるので、そこで好きなように絵を書いたり文字を入れたり。
ここでセンスが問われる所。

ムスメ達は無難にチキンラーメンのひよこちゃんを描いていましたね。
カップヌードルにチキンラーメンの絵っていうシュールさはこの際気にしない。

手前がボクの。
今さらだけどこのキャラって何者なんだろう。

出来上がったカップをスタッフさんの所へ持って行き、麺をセットしてもらいます。

これも自分でハンドルをグルグルするので、ムスメは喜んでました。

いよいよ味を決めていきます

マイカップヌードル

スープは4種類から好きな物をチョイス

スープの種類

王道のカップヌードル
シーフード
カレー
チリトマト

ボクは王道のカップヌードル、ムスメとヨメはシーフードに。
ココでもボクだけ仲間外れ。

スープを入れてもらったら次は具のトッピング。
具材は12種類の中から好きな物を4つ選びます。

トッピングの種類

ひよこちゃんナルト
インゲン
チェダーチーズ
カニ風味かまぼこ
コーン
キムチ
エビ
コロ・チャー
タマゴ
ネギ
ガーリックチップ

2018年までは「謎肉」「エビ謎肉」があったのですが、2019年現在は外れてしまいました。
代わりに「ガーリックチップ」と「チキンダイス」が選べるようになっています。

コレ、実は4種類別々にしなくてもいいのです。

肉肉にくニク!nikuuuuu!!!!

って方はコロ・チャー×4でもOK。

具材を全部入れてもらったら、フタをしてもらいます。
その後シュリンク包装をして密封。

最後にエアパックに入れて肩紐付けたら完成です。

ムスメ達はこの作業に一番食いついていましたね

絵を描くところとか味決めるところとか、他にもテンションあがるポイントはあっただろうに………

めでたく完成したマイカップヌードルは各自肩からさげて持ち歩きました。

「もったいなくて食べられないよねー」なんて言いながら。

翌日の
お昼に
ガマンできなくて

すぐ食べた!

マイカップヌードルファクトリー

カップヌードルミュージアム横浜/3階

実施時間:10:00~18:00(最終受付 17:30)
料金:1食300円(消費税込)
所用時間:45分(出来上がりまでの目安)

チキンラーメンファクトリー

チキンラーメンファクトリー

コレは予約もとれないだろうし、時間的にも厳しいかなと思っていたので体験はしませんでした。

チキンラーメンを手作りできるという子供のテンション爆上がり必至なブースです。

小麦粉をこねるところから味付けするところまで、要するにチキンラーメンの出来上がりまでの全てを体験できるアトラクション。

チキンラーメンファクトリー

カップヌードルミュージアム横浜/3階

料金:中学生以上-500円、小学生-300円(消費税別)

・小・中・高等学校の学校教育でご利用の場合は無料
・参加者全員に「ひよこちゃんバンダナ」プレゼント

年齢制限:小学生以上(未就学児の体験はできません)
定員:各回48人
運営時間:10:15~17:45
所用時間:90分間
スケジュール:10:15 / 11:00 / 11:45 / 13:15 / 14:00 / 14:45 / 15:30 / 16:15

NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-

ワールド麺ロード

世界各国の『麺』を楽しめるフードコート的なアトラクションです。

ハーフサイズなので、子供でも2つは食べられると思います。
それぞれ違う物を頼んでシェアすればたくさんの種類を楽しむ事が出来ると思います。

え?ウチですか?

好きな物それぞれ2個ずつ買ってこよう!

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は %E4%B8%AD%E5%9B%BD-300x169.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は mi-gorenn-300x169.jpg です


ボクがミーゴレンと蘭州牛肉麺

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は mi-gorenn-300x169.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は fo--300x169.jpg です

ヨメがミーゴレンとフォー

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は fo--300x169.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kannkoku-300x169.jpg です

ムスメ①がフォーと冷麺

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は mi-gorenn-300x169.jpg です
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は kannkoku-300x169.jpg です

ムスメ②がミーゴレンと冷麺

画像は全て公式サイトより引用

かぶりまくりじゃん……….

ミーゴレン率の高さ…

ちなみに数量限定ですが、カップヌードルに入っているあの「謎肉」がこれでもかってくらい乗せられている『謎肉丼』も興味をそそられました。

ドッグフードみたい…

誰もチャレンジしなかったんだけど、カップヌードルのソフトクリームなんかもありました。

勇気なかったよね

NOODLES BAZAAR -ワールド麺ロード-

カップヌードルミュージアム 横浜 4階

運営時間:11:00 〜 18:00 (ラストオーダー 17:30)
料金 :1食 300円 (ハーフサイズ)
ミニチキンラーメン 1食 150円
各国のデザート 1食 300円
各国のジュース 1本 200円
ドリンクバー 200円
料金はすべて消費税込
座席数 :200席

まとめ|横浜にお出かけの際はカップヌードルミュージアムへ行こう

みなとみらい駅

子供も喜ぶ大人も楽しい。
あっという間に時間がたってしまうので超おススメのスポットです。

人気の秘密は、楽しい体験もおいしい食べ物ももちろんですが、カップラーメンの生みの親でもある創業者の安藤百福さんの想いがきちんと受け継がれているからではないでしょうか。

考えさせられたよね

ボクはムスメとのデート、っていう前提で足を運びましたが、横浜観光のスポットとしても是非レギュラーに入れて頂ければと思います。

横浜カップヌードルミュージアム

住所 :〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-4
電話 :045-345-0918 (案内ダイヤル)
開館時間 :10:00 〜 18:00 (入館は17:00まで)

アクセス

電車・車・路線バスが利用できます。

カップヌードルミュージアム地図

電車でのアクセス

みなとみらい線
「みなとみらい駅」より徒歩8分
「馬車道駅」より徒歩8分
JR・市営地下鉄
「桜木町駅」より徒歩12分

車でのアクセス

首都高速神奈川1号横羽線
「みなとみらいIC」より5分

駐車場案内

台数:40台
料金:入館チケット提示で最初の1時間は無料、それ以降は30分毎に250円
営業時間:9:00 〜 19:00

バスでのアクセス

観光スポット周遊バス あかいくつ
「国際橋・カップヌードルミュージアム前」下車すぐ

カップヌードルミュージアムは大阪にもありますので、関西方面の方はコチラもおススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました