【DON部】あえて天丼とは呼ばない「TENPURA BOWL」

ヒマツブシ

ちょうどいい大きさの丼ぶりを割ってしまうというトラブルが発生。
DON部代表としては死活問題です。

 

TENPURA BOWL

半年くらい前の話で恐縮です。
午前中ちょっと出かけてまして、帰ってきたらムスメ達はランチタイムが終わってまして。
基本ウチの食事はムスメ達が優先で、残った物を親が片付けるっていうスタイル。
別にムスメ達を神格化してるわけじゃなくって、同時にヨーイドンで食べ始めると、ムスメ達が最後に食べようって思ってたものをボクが食べてしまう危険性があるから。
絶対君主のヨメの定めた法律にのっとったスタイルなのです。

という事で残った天ぷらを片付けるミッションが課せられていたので、一気に全部やっつける事に。
昼にわざわざ味噌汁作るのもメンドクサイだろうから、代わりにセルフでうどん作りました。
作ったっていうか冷凍のを解凍してめんつゆに放り込んだだけ。

期せずして天ぷらうどんも食えるという幸せな世界になったわけで。

ただし最初に言った通り、愛用のどんぶりを割ってしまうというトラブルに見舞われてしまったのです。
仕方なく食器棚にあったデカ目の皿を代用として使う事になったんだけど、コレが嬉しい誤算でした。

コレがインスタ映えってやつなのだろうか。
インスタやってないけど。せっかくのビジュアルを壊したくないので、この一品にはあえてツユ的な物はかけずに頂く事に。
天ぷら本来の旨味を楽しみながら至高の昼下がりを気取っていたのです。
まあ、後半は結局うどんのツユにベチャベチャつけながら食べてたけど。
油の足されたツユも飲み干したけど。
最初っからそんなセレブランチは目指してないけど。
そもそもコレがセレブなのかどうか疑問だけど。

 

 

そういえば「天ぷら」って

いつからか覚えていないんだけど、天ぷらの「ぷら」ってなんだよっていうメンドクサイ疑問を持っていたのを思い出しました。
それ言ったら「天」はどこから来たんだっていう事も謎だって事に気が付いてからは恥ずかしくて誰にも聞けていないのだけれど。

っていうか、そもそも「天」と「ぷら」を分けて考えてる時点で間違っているのではないかと。
「ぐりとぐら」じゃないんだから。

 

天ぷらの語源

諸説あって正解は定かではないんだけど。

ポルトガル語の”料理、調味料”を意味する「テンペロ」から来ているとか、スペイン語の”天上の日(獣の肉を食べるのを禁じている日)”を意味する「テンポロ」が語源だとか。

なんとなく和食の代表みたいなイメージがあるけど、実は天ぷらっていうのは、室町時代にポルトガルから入ってきた南蛮料理なのだそうで。
だから外国の人が「ワタシハニホンダイスキデス。スシ、テンプラ、フジヤマ、ゲイシャ」とか言ってるのは厳密には間違いなんですね。
その中の一つはオマエの所から来た物なんだぞって。

ちょっと敷居が高い系(意識高い系ではない)のお店だと「天麩羅」って表記してるのを良くみますが、コレは江戸時代に付けられた当て字。
「天」⇒天竺、「麩」⇒小麦粉、「羅」⇒薄い衣を表しているのです。
更にその当て字の派生版として「天婦羅」っていう書き方もありますね。

美味い天ぷら屋さんでも見とく?

尺稼ぎです。
お店紹介でお茶を濁します。

mg2ya6.hatenablog.com

monzennakacho.hatenablog.jp

otaku-son.hatenablog.com

buchineko-okawari.hatenablog.com

koki08.hatenablog.com

 

考えてみたらあんまり外食で天ぷらをチョイスする事って少ないかもしれないです。
肉、中華、肉、肉、パスタみたいなローテはそろそろ辞めた方がいいかもしれないです。

そういえば、なんかドヤ顔で「TENPURA BOWL」とか書いちゃったけど、お皿に盛りつけてる時点で「BOWL」じゃなくなった気が。

ではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました