簡単に作れてメリットだらけの『付せんノートで』仕事も勉強も効率アップしてみましょう!

付せんノートで効率化 ヤクダツコト

仕事は基本的にパソコンで行うのが中心なので、社内にいる時はあまりノートを使う事がありませんでした。

会社員だったら「ノート」って言ったら「ノートパソコン」の意味で使う方が多いのかもしれません。

それはボクも同意なのですが。

だけど小さいテーブルでのゴチャゴチャした打ち合わせのとき、歩いている時に急にイメージが沸いたりするとき、などノートパソコンを開く事の難しいシーンもありますよね。

 

欲しいなぁ… i Pad…

 

とりあえずのメモ、頭の中を整理する為のマインドマップ、ラフ絵でイメージを伝える、のような用途であれば、意外とアナログなノートの方が便利だったりします。

もちろんその場で完結する使い方なら問題ありませんが、雑談の中での走り書きのようなメモが意外と重要だっていう事もよくあること。。

そういう重要なメモ書きですら後で見返すことができるノート。
その時の内容を鮮明に思い出せるノート。

活用できるノートというものはこれが理想です。

ノートは取ったら取りっぱなし、はもったいないですよ。

何をどこに書いたか、結局イチから探しなおして無駄な時間を費やす。

必要な情報が探せないノートってちょっと無駄なのかなと。

今回はボクも本業で取り入れている、そんなモヤモヤを解消できそうなノートの使い方を紹介します。

 

・ノートをあまり使っていない
・ノートの効率的な使い方が知りたい
・あとから内容が一目でわかるノートがほしい

 

 

ポイントは”整理”

 

ノートをとる目的は、書きとめた内容を後で確認すること。

きちんと整理してまとめる事が基本の使い方です。

整理ができている人ほど、その情報を自分の中にとりいれることができるのです。

そしてメモは短く簡潔にとる事が理想。
見直した時に記憶を思い出せるようなキーワードを含めるのがコツです。

ノートを活用しきれない人は、ダラダラと長文で書いたりマーカーで装飾しすぎたり。
結局どこが重要なのかわからなくなりがちです。

 

じゃあどうすればいいのさ(逆ギレ)

 

簡単に整理ができて、なおかつ後々の活用にもつながる、そんなノートの使い方があるのですよ。

 

 

 付せんノート

 

「付せんノート」とは、ノートに直接書き込んでいくのではなく、付せんにメモした内容を視覚的に整理していくもの。

 

付せんノートの材料

(1)ノート

(2)付せん

これだけです。

何回も書いては直し、書きなおしては消し。
結局何がどうなってんのか分からなくなっちゃう人には超おススメの武器になりそうです。

 

 

付せんノートのメリット

今までノート下手だった人には朗報です。

メリットだらけ。

 

修正、順番の入れ替えがしやすく効率的

付せんに書き込んだ内容、データは自由に移動できます。
間違ったら新しい付せんに書き込んで交換するだけ。

追記したい情報があるのに書くスペースがない、なんて時には付せんの位置を動かせばOK。

書き直して汚くなることもなければ、何が書いてあるかわからないような小さな文字で書き込む必要もありません。

貼り付け自由な付せんのメリットを最大限に生かす事で、頭にも入りやすくなるんです。

断片的に書き出しておいたものを後で再構成するという、デジタル的な使い方ができるのが付せんノートなのです。

 

「デジタル的」とかちょっとカッコいいね

 

色分けによる整理整頓で見返す時に分かりやすい

見出しや文章の内容ごとに形や色を合わせると、情報が視覚化されるために見やすいものになります。

色ごとに大枠の分類をして、その中で付せんのサイズによって細かく分類していくと簡単ですね。

Aというお客さんはピンク、Bというメンドクサイお客さんはグレー、みたいな大分類。

サンプル依頼などのスケジュール管理が必要なものは四角形、次につながりそうな小ネタは丸型、みたいな中分類。

売上的に重要な大き目の案件は一番大きな付せん、最悪後回しでもいいかくらいの案件は小さな細長い付せん、みたいな小分類。

それに加えてリマインド的なメモを書くためのもの。

探している情報がダイレクトに見つける事が出来そうです。

 

ノートは検索ファースト

 

要点をまとめるコツが身につく

1つ1つの付せんはそれ程大きくありません。

という事は書き込むスペースも限られています。
丸写しのような要点のわからない書き方は必然的にできないので、ポイントを見極めて要点のみを書くという練習にもなるんです。

 

見栄えも良く、作るのが楽しくなるので集中できる

ただただ書き写すのとは違い、工作感覚でアルバムを作るように楽しみながら覚えられるはず。

こういうノリって意外と重要かと。
楽しみながらやると記憶にもはっきり残りますしね。

付せんノートをつくると、ゴチャゴチャしていた情報を俯瞰で見る事ができるようになるというメリットも。

文字アレルギーとまではいかなくても、文章を読み続けることが苦手な人っていますよね。
そういう人にとっても、視覚的なノートってストレスにならないんです。

 

 

付せんノートの便利な使い方

好きなように書いて好きなように貼るだけで見栄えの良いノートにできる付せんノート。

仕事でも勉強でも活用出来そうです。
おすすめの使い方をいくつか。

 

TODOリスト

色々な相手、色々な案件を抱えることが多い人はTODOリストを作っていると思います。

パソコン上で管理したりスマホのアプリで管理したり、デスクの上のメモに書き殴ったり。

TODOリストというものは、タスクが進行するたびに内容が変わります。

それをひとつひとつ書き写したり、データの書き換えをしたりするのは時間がもったいないのかもしれません。

 

「TODOリスト作る」っていうタスクが増えちゃうよね

 

そんな時には付せんノート。


付せんにタスクを書いておいて、進捗あるタイミングで動かせばリアルタイムでの管理ができますね。

TODOリストとして使う場合は。A4のノートよりは持ち歩ける手帳の方がいいかもしれません。

 

アイデア発想ツール

意識高く言うと「ブレスト」。

新しい企画、新しいプロジェクトをはじめる時にはとにかくキーワードをたくさん必要になります。

そういうキーワードを付せんに書きまくって、ある程度たまったら全部並べてみます。
意外なところで意外なワードの関連性がみつかったりして、そういう所から新しい発想が産まれてくることは珍しくありません。

 

「スカート」と「ガウチョ」で「スカーチョ」とかね

 

ブログの設計図

これ、今ホントに思いついたので手書きで失礼。

付せんに見出し書いてそれを組みあわせていけば、記事の構成がビジュアルでわかりそう。

今まではそれこそ手書きでグチャグチャ書いてるだけだったので、最終的になにがなんだかわからなくなることも多かった人(ボク)はぜひ取り入れたい使い方。

 

 

ボクの付せんノートをチラ見せ

付せんノート

 

もう全て完了した案件なので公開しても大丈夫。

前シーズンのヤツです。

 

懐かしいなあ…..

このスエードショルダーBAGも納期遅れしたんだよなぁ….ギリギリで仕様変更されてめんどくさかったなあ……

 

さておき。

とりあえず商談や打ち合わせの時には付せんにメモりまくって、帰ってから付せんの束をノートに整理しながら貼り付け。

その時の会話の内容等を思い出しながら追記していく事もあるから、意外と充実した1ページになっています。

 

「あれ?あの内容どんなんだったけかな?」

 

「あの打ち合わせ、いつまでに報告だっけ?」

 

「何を打ち合わせしたか全然覚えてない!」

 

流石に3つ目のはやる気の問題だけど。

でもまあ、付せんノートを作るようになってからはかなりの確率でこういうモヤモヤは解消されているのも事実。

おススメですよ。マジで。

ノートだって付せんだって100円ショップで売っていますしね。

なんでもっと早く教えてくれなかったんだ、ってヨメに逆ギレしてみたことは反省しています。

 

秒でカウンターくらってたよね

 

 

まとめ|付せんノートは誰でも作れます

ボクも付せんノートを取り入れてからは、ワチャワチャすることが少しだけ減ったような気がします。

作り方、使い方はあなた次第です。

付せんノート用の文房具も今では販売されていますので、とりいれてみてもよいかもしれません。

 

C.L.C JAPAN クラスタージャパン株式会社>>付箋ノートが作りやすいふせん
Amazon | アックスコーポレーション 付箋ノートが作りやすいルーズリーフ セミB5 50枚 2冊セット | ノート | 文房具・オフィス用品
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、アックスコーポレーション 付箋ノートが作りやすいルーズリーフ セミB5 50枚 2冊セットを文房具・オフィス用品ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、 当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました