全記事一覧(サイトマップ)

【ブログの悩み】はてなブログは有料版(はてなブログPro)に変えるべきか否か

ブログサービス

今この「ざつらぼ」は【ワードプレス + Xサーバー】という環境で運営しているのですが、ここに落ち着くまでには何度か環境が変わっています。

直近でははてなブログで書いていました。
完全放置だけど一応まだ残しています。

本当はまるっと移行したかったのですが、リライトどころじゃないレベルで書き直しやテコ入れが必要なものばかりでした。
だから新しい記事のベースに出来そうなものをたまに確認する程度。

もともとは無料プランではじめたのですが、一瞬だけ有料プラン(はてなブログPro)に移行していまして。
半年くらい続けていたら、やりたいことが無料プランでは制限あるってことに気が付いてしまったんです。

とはいえ、お金使ってまでやる必要があるのか悩んでいたのも事実。

所詮趣味ブログですからね。

コレ一本でメシ食っていこうなんておこがましい事は考えらないし、いつ飽きてしまうかも分からない。

色々と設定変更するのもメンドクサイ。

ネットの世界の端っこのさらに端っこでひっそりと生きていければいいや、くらいのスタンスで始めたブログだったから。

そんなボクがなぜ有料プランにしたのか、なぜさらにその先のワードプレスでの運営までに考えが至ったのか。

思い出しながら書いてみたいと思います。

こんな人に読んでほしい
・はてなブログでブログを運営している
・無料版から有料版への移行を考えている
・ゆくゆくはワードプレスも選択肢にある
・ブログを飽きずに続けていけそうな感触がある
スポンサーリンク

はてなブログは有料プラン(Pro)にするべきか

結論から言うと、はてなブログで収益化(特にグーグルアドセンス)を考えているのであれば、有料版(Pro)への移行は必須です。

無料版ではアドセンスの申請自体ができません。

細かい部分でいくと、過去にアドセンスのコードを取得している人は無料ブログでもアドセンスを使うことは可能でした。

過去形にしているのは、今から無料版で新しくブログを作るのであればその方法は使えないから。

それをふまえて読み進めて頂ければと思います。

スポンサーリンク

はてなブログProにした理由

さすがに有料だけあって優良な機能(韻ふんでみた)が盛りだくさんなのはとても魅力的でした。
ボクには必要ないんじゃない、っていう物もありましたが。

はてなブログProにした理由をあえて1つあげるとするならば、

意志表明

みたいな事だったんじゃないかなと。

はてなブログProをチェックしてみる

他人に、ではなく自分への意志表明。

なんとなく始めたブログではあるんだけど、気が付いたら半年以上継続出来ていて、記事数も100に近づいていて。

せっかくここまで来たんだから中途半端に辞めるのはもったいないな、という想いが強かったのかもしれません。

あくまでも本業の息抜きに自分の好きな事をダラダラと書いて、たまーに誰かにリアクションもらえたらそれで幸せ、くらいの考えではじめたブログ。

だけど、このまま無料で続けてたらフェードアウトするのも簡単だし、自分を追い込む意味でも多少はリスク(課金)を負ってプレッシャーをかけていこうかなと。

カッコつけてプレッシャーとか勢いで言っちゃったけど。

ぶっちゃけノリと勢いです。

「お金をかけているんだからちゃんとやれよ自分」みたいなイメージですかね。

仕事してメシ食ってムスメと遊んでヨメに怒られて、っていう日常のルーティンの中に「ブログを書く」っていう項目があっても面白いんじゃないかな、と。

当時はなんとなく儀式的に貼ってたアドセンス

先輩方の施策を見ながら考えることができるようになったのも、Proにして費用が発生するという状況になったから。

実はボクははてなの前にも別の所でブログを書いていたので、その時に独自ドメインをとってアドセンス申請をしています。

今の規約だとそういう申請の方法はNGらしいので、そういう意味ではタイミングに恵まれていたのかもしれません。

スポンサーリンク

はてなブログProにする事で得られる特典

大事なお金を払うんだから、それなりの特典っていうかメリットっていうか、それに見合う対価はしっかりと覚えておきましょう。

はてなブログProにする事で得られる特典はこんな感じ。

解説していきましょう。

ブログが10個まで運営できる!

そんなにいらないです。

無料でも3個まで運営出来るって事すらしらなかったし。
そもそもボクはいくつも並行に管理できないから1個にまとめた訳だし。

それをカッコつけて『雑食ブログ』とか言ってたんですよね。

全く浸透しなかったけど。

複数のブログ、サイトを管理しようとしている人であればメリットなのかもしれません。

重要度:★

写真の保存容量がなんと10倍!

無料版だと毎月300MBまでしかアップロードできないのですが、Proになると3GB(=3000MB)まで容量が増やせます。

写真中心のブログを運営されている方には嬉しいメリットですね。

ボクの場合はステキ写真をメインにした物ではないし、そもそもGoogleフォトを使うケースの方が多いので、あんまりそそられませんでした。

重要度:★

編集履歴がなんと50件までさかのぼれる!

はてなブログでは「編集履歴」機能っていうのがあって、ちょっとしたバックアップ的な使い方が可能です。

無料版では5件前までの編集履歴を保存してくれるのですが、有料版にするとなんと50件まで保存できるのです!

あ…いらないかな…

50回前の修正を確認しなくては、なんてシーンが全く想像できないです。

どんな使い方をしている人がこの機能の恩恵を受けられているのかわかりません。

重要度:★

ブログメンバー機能(複数人で管理できる)

多分この機能を最大限に活かせるのって、外注ライターさんだったり寄稿記事を多く扱うような、それなりの規模のサイトを運営される人ではないかなと思います。

ボクには当面必要なさそうです。

重要度:★

Proにするメリット…

ここまで見てると全然Proにするメリットが無い様な気がしてきましたね。

もう少しお付き合いください。

独自ドメインが設定できる!

さっき書いた様に、はてなブログでアドセンスの申請をしようと思うのならコレは必須。

さらに当時のボクの様に、1つ申請して通ったコードがあったとしても、それを使って異なるサイトでアドセンスを利用することはできなくなっているのです。

アドセンスを使いたいならこの機能はなくてはならないものなのです。

重要度:★★★★★

キーワードリンクの自動オフ

はてなブログを始めた当初から特に気になる部分でした。

いくつかのワードに下線が引っ張ってあって、コレをクリックするとWiki的な別ページへ飛ばされます。

無料版を使っていた時から感じていたはてなブログのデメリットと感じていた部分。

記事によっては半分以上のワードに下線が付いてしまい読んでくれる人のストレスになると思ったので、CSSをいじって下線が見えない様にしていました(リンクは生きてしまうけど)

重要度:★★★

ヘッダとフッタを非表示に出来る

コレは地味に嬉しいです。

無料版だとどうしても「はてなさんの家に居候させてもらっています」感がありますよね。

ヘッダが表札でフッタが郵便受けみたい

ヘッダとフッタを非表示に出来ると「はてなさんに家賃を払って自分の部屋を借りています」くらいにはレベルアップします。

そして独自ドメインをとることにより、アパートの賃貸から戸建て(まだ借家だけど)へステップアップ。

つきつめていくと、ワードプレス+自前でサーバー用意+独自ドメインのコンボ」で土地付き一戸建てにするというイメージができあがってきます。

重要度:★★★★

デフォルトの広告非表示

コレかなり重要なポイントです。

お金払う価値の半分くらいはこの部分かもしれません。

当然のことですが、はてなだってどこかで利益を出さなくてはいけない企業。
無料版を提供することに対しての見返りは自社アカウントの広告を出させること。

例えばボクの無料版のブログがバズりまくって、爆発的な広告収入が見込めるようになったとしても、その広告ははてなアカウントのもの。

そもそも無料版では自前の広告貼れませんからね。

はてなブログProを契約してデフォルトの広告を消すということは
  • 開いたスペースへ自前の広告を入れる
  • あわよくば収入に
  • 幸せな世界

みたいなイメージです。

自分のブログに自分以外の広告が入ってるのって、すごくもったいないと思いますよ。
デフォルトで入っている広告スペースが一番いい場所と言われていますし。

重要度:★★★★★★★★★★

スマホ版のカスタマイズ

最後にコレ。

Googleも「モバイルファースト」を推奨している事から分かる様に、今では大半の読者さんのアクセスはスマホからだと思います。

なのにですよ、無料版だとカスタマイズの制限があるんです。

PCのデザインをレスポンシブして無理やりごまかす方法もありますが、やりたいことに制限がかかるのは間違いないと思います。

重要度:★★★★★

スポンサーリンク

Proにするタイミング

これは人それぞれなので、自分のタイミングでいいと思います。

別に永遠に無料版でも本人がよければそれでいい。

ある程度ブログをストレスフリーで継続していきたいのならProに契約した方が便利だよっ、てくらいのとらえ方ですね。

ボクが考えられる「Pro化するタイミング」はこんな感じ。

収益で元が取れる見込みが出来た時

1日あたりのPVが200~300くらいで安定してきて、アドセンス等の広告収入とProにかかる経費とがペイする見込みがあれば、実質出費はそれ程負担にはならないです。

記事数がある程度たまった時

「ある程度」が何記事なのかは自分で線引きをすればいいと思います。

100記事で手応えを感じる人もいれば、300記事書いてもまだ不安がある人もいて当たり前。

この段階になると、リライトなりSEO対策なり、なんらかのテコ入れも必要になってくるはずなので、Proの機能が必要になってきます。

「ブログを書く事」が生活の一部になった時

街を歩いていたり、普通に仕事してたり、家でダラダラしていたり、普通に生活している時でも何かネタになりそうな物を探している自分がいて。

会社で書類作成をしているフリしながらブログ書いてたり、プレゼン資料を作ってるフリしながら使えそうな画像を集めたり、ブログに関わる事が日常の中で自然になっているのであれば、無駄にはならないと思います。

だけど極端に考え過ぎると、会社員としての道を踏み外してしまうことにもなりかねません。

良い子(良い大人)はマネしない方がいいかと。

あくまでもボクの私見なので、正解はあなたが決めること。

Proにしたいと思った時がProにするべき時、なのかな

スポンサーリンク

はてなブログとワードプレス

そしてブログが生活とか頭の中の大半を占める様になったのならば、はてなを卒業するのも選択肢に出てくると思います。

よく「はてなブログとワードプレス、どっちがいい?」みたいな比較がされていますよね。

個人的には別にどっちでもいいと思います。

最終的にはどこで書いているか、よりも何をかいているかです。

はてなブログのメリット

・初心者でも割とスムーズに入っていけるやさしさ
・最初は無料で始められる
・「はてぶ」の存在は意外と大きい
・最初からドメインパワーの恩恵を受けられる(SEOに強い)

はてなブログのデメリット

・無料版のままだと制限多過ぎ
・気が変わってワードプレス等に移行する時にメンドクサイ
・あくまでも「はてな」から借りているだけなので、何かあった時の保障が無い
・人気のテーマを使っていると他人とかぶる事が多い=個性がだしにくい

ワードプレスのメリット

・カスタム楽しい
・100%自分の物になる
・WEBスキルがUPする(実際にWPでサイトを発信していた事をアピールして転職時に有利になった知り合いも)

ワードプレスのデメリット

・費用がバカにならない(サーバー、ドメイン、ブログプラットフォーム)
・最初はSEOがメチャメチャ弱い
・ある程度の知識が必要
・守ってくれる会社がないので全て自己責任

ちょっと整理してみよう

・初心者でとりあえずブログってもんをやってみたい

・カスタマイズとかにはそれほどこだわらないので、とにかく記事を書きたい。

こういう人ははてなブログがおすすめだよね

・まとまった収入をもたらすブログ、アフィリエイトサイトもやってみたい

・デザイン、カスタマイズにこだわりたい

・規約に縛られないで自由にやりたい

そういう人はワードプレスがいいと思うよ

最後は自分のモチベーション

最初に言っていた通り、ボクは一瞬だけはてなブログProに契約をしました。

無料版⇒有料版⇒ワードプレス

と段階的に進んでいこうと考えていたんですね。

なぜ一瞬で解約したのかというと、有料版でカスタムを勉強するのならワードプレスで1から勉強するのもあんまり労力は変わらないかな、って思ったから。(個人の感想です)

ブログは誰かに強制されて書く物じゃないし、その書き方とか運営の方法とかも好きにやればいいんです。

たまたまボクの意識がワードプレスに向き始めていただけなんです。

自分のモチベーションが高いのなら経費をかけてでも気合を入れてやればいい。

もしモチベーションが無くなっちゃったのなら辞めるのも自由。

モチベーションをあげて、そしてそれを維持する為には知識を増やす事も必要だし、孤独な環境に陥りがちな状況を打破するような仲間の存在も嬉しいものかもしれません。

ボクが今回はてなブログのProに移行する事を考えたのは、ブログが楽しくなっている事に気が付いたから。

そして間髪いれずにワードプレスに移行したのは、ブログを長く続けられそうだと確信したから。

1日1記事!

とか窮屈な縛りをつけないで自由にダラダラと。

過去のブログ時代からずっと守っているテーマは変わっていません。

「別にしらなくても損はしないけど」
「知ってたら少しだけ毎日が楽しくなるような」
「ヒマツブシ的な情報を」
「ノリと勢いでお届けする」

そんなメディアを目指していきます。

ご清聴ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました