全記事一覧(サイトマップ)

会社を退職したらやらなければいけない手続き|健康保険の切り替え

健康保険の切り替え

会社に所属している間は勤務先で健康保険に加入していますが、退職と同時に加入していた健康保険の被保険者資格は喪失します。
間をあけずに次の勤務先が決まっていれば、その会社側で切り替えの手続きを行ってくれますが、再就職先が決まっていなかったり、決まっていても期間が開いてしまうような場合はなんらかの保険に加入するための手続きが必要です。

忘れずに手続きをしておきましょう。

この記事を読んでほしい人

・退職してすぐに再就職の予定がない人
・将来的に退職を考えている人
・通院中、もしくは定期的に医療機関にかかっている人

スポンサーリンク

会社を退職したときの保険の切り替え手続き

退職して被保険者資格を喪失したときには、次の3つの中から選択することになります。

  1. それまで加入していた健康保険の任意継続被保険者制度の利用
  2. 国民健康保険への加入
  3. 家族の扶養に入る

勤務先で健康保険に加入しているときは保険料の一部を会社側で負担してくれているのですがが、退職と同時にそれがなくなります。
健康保険に加入していないと医療費全額が自己負担になってしまうため、このような手続きが必要ということですね。


任意継続被保険者制度国民健康保険
手続きできる期間退職の翌日から20日以内退職の翌日から14日以内
手続きをする場所加入していた健康保険組合、
または居住地域の社会保険事務所
居住地の市区長村役所の国民健康保険担当窓口
必要なもの健康保険任意継続被保険者資格取得申請書健康保険の資格喪失日がわかる証明書
(健康保険被保険者資格喪失証明書、退職証明書、離職票のどれか)

住民票各市区町村で定められた届出書

1か月の保険料
(退職日によって2か月分が必要になることも)
印鑑

印鑑マイナンバーカード

マイナンバーカード
保険料在職時の約2倍市区町村により異なります

※扶養者がいる方については、住民表や被扶養者の収入を証明できる書類が必要になります。

任意継続被保険者制度とは?手続きの方法は?

退職した後も在職中と同じ健康保険の被保険者として継続できる制度があります。

これを「任意継続被保険者制度」といい、退職前の被保険者期間が2か月以上あれば最長2年間まで利用することが可能です。
負担することになる保険料は、在職中に負担していた金額の約2倍とお考え下さい。

この制度を利用するための手続きは、退職日の翌日から20日以内に行う必要があります。
この期間を過ぎてしまうと、遅れた理由がきちんと証明できるような理由がない限り受け付けてもらえなくなる可能性が大きいので注意しましょう。

手続きを行う場所はそれまで加入していた健康保険によって異なります。

手続きを行う窓口

組合管掌健康保険に加入していた人⇒健康保険組合事務所
協会けんぽに加入していた人⇒居住地を管轄する全国健康保険協会

郵送での受付も対応してくれますので、どうしても窓口へ足を運ぶことが難しい場合は該当する窓口にお問い合わせを入れてみましょう。

国民健康保険とは?手続きの方法は?

国民健康保険とは、市区町村が保険者となる健康保険の仕組みです。

国民健康保険の保険料の算出方法は、お住まいの自治体によって異なります。
前年の所得、世帯の資産、家族の人数などを基にして決定されるため、所得が変わらなくてもお住まいの地域によって支払う保険料が変わってきます。
また、納付方法も各自治体で管理されているので、詳細の確認は地域の国民健康保険窓口への問い合わせが必要です。

加入の手続きは、退職日の翌日から14日以内に行うことが原則として定められています。
仮にこの期間にできなかった場合でも、手続き自体は受け付け可能です。
ただし、保険料自体は退職日の翌日までさかのぼって支払う必要があるので注意してください。

また、退職の理由が「倒産」「解雇」などの会社都合に該当する場合は、保険料の減免制度の適用を受けることができます。
保険料を算出する際に参照される前年の給与所得金額を軽減することで、払わなくてはいけない保険料の負担を軽くするものです。

家族の扶養に入る方法は?

  • 年収が130万円未満
  • 家族が健康保険の被保険者
  • 被保険者の年収が本人の倍以上

この要件を満たしていれば、家族の健康保険の被扶養者になることができる場合があります。
家族の加入している保険者(健康保険組合、または全国保険協会)へ確認してみましょう。

まとめ|保険の加入は生活に直結します。優先的な手続きを

健康保険の負担額というのは、決して安くはない出費です。
特に退職直後で安定した収入が得られていないときには後回しにしてしまうかもしれません。
ですが、万が一手続きがなされていない状態で病気になったりケガをしたらどうしますか?

手続きをしていない(どの健康保険にも加入していない)状態で医療機関にかかることになっても、健康保険の適用を受けられません。
医療費は実はかなりの高額になるので、全額自己負担を繰り返すと大変なことになってしまいます。

必要な書類や確認しなくてはいけない内容、慣れないことなので大変なのは事実。
でもそこは割り切ることも大切です。
何かあったときに取り返しのつかないことにならないように、適切な準備をしておきましょう。

そのための「保険」だからね

コメント

タイトルとURLをコピーしました