双子を育てるのって大変だけど超楽しい

双子との生活 ライフスタイル

何回か書いた事あるんだけど、ボクにはムスメが2人います。
双子です。

結構な時間を彼女たちと過ごしているんで、もう当たり前の日常になっているんだけど、考えてみたらコレってものすごく楽しいことなんだなぁって改めて思うのです。

コレも一度触れた事があるんだけど、ウチのヨメの結婚当時の目標っていうか夢みたいな物がズバリ「双子を産む」事でして。

ヨメについてはこちらで持ち上げています。

ヨメのそういう特殊能力はただただリスペクトするばかりなのですが、今回は「フタゴ」っていう生命の神秘的な部分にスポットを当ててみようかなと。

一卵性と二卵性

ふたごの女子

ウチの2人は「二卵性双生児」です。
だから顔も性格もそれぞれで。

ムスメその1は外ではおとなしいクセに家では調子乗ってはしゃぐタイプ。
ムスメその2はまあまあ社交的であんまり裏表はないみたい。
顔だって、何も言わなかったら双子って分からないくらい。

本当に双子なのか自信がなくなってきたので、念の為一卵性と二卵性の違いを。

一卵性双生児

一卵性双生児とは

1つの卵子に対して1つの精子が受精した後に、その受精卵が2つに分かれてできた双子

元々1つだった受精卵が2つに分かれただけなので性別はもちろん血液型とかもおんなじ。
顔や性格もかなり似ているケースがほとんど。

「ゆうたいりだつー」のザ・たっちとか、マナカナとか。
おすぎとピーコも一卵性ですね。

二卵性双生児

二卵性双生児とは

1つの卵子に対して受精する精子はあくまでも1つだけ。その受精卵が2つ着床してできた双子。

もともと別々の受精卵なので、性別も血液型も異なるケースも普通にあります。
1つの受精卵が分かれた一卵性とは違うので、顔や性格のそっくり度合も一卵性に比べたら低い事がほとんど。

二卵性の双子で揃って有名人っていうのは一卵性に比べたら少ないかもしれません。
でも実は双子だったっていう有名人が結構いた事にちょっと驚いいます。

藤木直人さん、蛯原友里さんとかローラとか。

なぜかローラだけ呼び捨て

双子のメリットとデメリット

双子を授かって育てる事は、はっきり言ってものすごく大変な事で。

産まれたての頃なんかは夜泣きがダブルで襲ってきたりして大変だった思い出があります。
でもダブルでくるのは実はまだいい方で、お前らワザとだろってくらい時間差でぶち込んで来るときが結構な確率でありまして。
あの状況はホントにヤバかったですね。

夜中に一人が泣いてるのでヨメと二人でなんとかあやして、やっと落ち着いたので少しでも寝ておこう。

って思ったその瞬間、今まで静かにしていたもう一人が待ってましたとばかりに泣きわめく。

そんな順番待ちはこのシチュエーションではいらないからって思いながら睡眠時間2時間弱。

こんなのが2週間くらい続いていました。

だけど大変な事が2倍あるっていうマイナス要素よりも、楽しい事が2倍あるっていうプラス要素の方がはるかに大きくて嬉しくて。

初めて寝返りをうった時、初めてつかまり立ちをした時、初めて言葉をしゃべった時、初めて一緒に風呂に入った時、初めて一緒に外で遊んだ時、等々すべての「初めて」が2倍以上の感動を与えてくれるのですよ。

ホントに申し訳ないんだけど、コレはもう双子を育ててる人しか分からない特権。

メリットとかデメリットとか言うとなんだか機械的なニュアンスになってしまうんだけど。フタゴってどういう所がうれしくて、どういうところが大変なのか。
ヨメとディスカッションしてみました。
超ひさしぶりに夫婦の会話

双子のメリット、嬉しいところ

・双子同士で仲良く遊んでくれるのでラクな事が多い
・お揃いの服とか髪型とかさせると可愛さが2倍プラスアルファ
・体型が同じくらいの時期なら色々な物が共有できる
・双子用のベビーカーで外出すると注目されてドヤれる
・いい意味でライバル視しあっていてお互いに刺激しながら成長できる

双子のデメリット、大変なところ

・出費が2倍
・自我が芽生えると主張とかワガママも2倍プラスアルファ
・風邪とか胃腸炎とか2人でうつしあって無限ループ
・おもちゃとか勉強道具の増えるスピードが2倍速でなかなか片付かない
・何かと比較される

あと、これはメリットでもあるしデメリットでもある部分なのですが。

必ずしも2人が同じ成長をするとは限らないのです。

双子のバランス

ふたごのムスメ達

ウチのムスメ達、時期によって主役になる方がコロコロ入れ替わっているんです。
コレ、結構気を使うのですよ。

幼稚園の時はムスメ1のターン。

お遊戯会的なイベントの時、主役にはなれなかったもののメインキャラクター5人の中の1人になりました。

ゴレンジャーでいったら黄色のポジション。
まあまあオイシイ位置づけで人気者になってました。

なみにその時ムスメ2は、リンゴのかぶりものしてナレーター的な役割。
どっちかっていうと地味な役割ですね。

さらにムスメ1の主役ブームは続き、卒園式では先生方に感謝の言葉を述べる各クラス1人の代表に選ばれてたりもします。

ちょっと2人のバランスおかしくね?って思ってたんんだけど、残念ながら彼女のピークはここだったみたいで。

まあ、ムスメ2自身があんまり気にしてなかったみたいだし別にいいかなって思ってたのも事実。

そんなムスメ1のエンペラータイムも幼稚園を卒園すると同時に一転する事に。

ムスメ達が小学生になると、今まで裏方に徹していたムスメ2の方に光が当たるようになったのです。

完全にムスメ2のターンの始まり。

春には運動会でリレーの選手。
夏休み明けには読書感想文が区のなんとか賞を受賞。
年末にかけてはヨメにスパルタコーチを受けて書き上げた書道の作品が、小学校の全生徒中で唯一の推薦を受けて国のなんとか展に出されてたりして。

一方過去にブイブイ言わせていたムスメ1は、特に目立った活動も無く。

この時期になると、幼稚園の時とは違って多少はそういう格差みたいな部分も認識するようになっているんですね。
だから喜んでたりホメられてたりするムスメ2の相手をしながらもムスメ1のフォローとかケアとかも考えないといけなくて。

ムスメ1の方も前向きに「来年は○○が主役になるよ」って言ってくれたので安心はしていました。
だけど結構悔しい想いをしてたっていうのも分かるから。

ある程度成長してくると、自我っていうかプライドっていうか、そういう気持ちが芽生えてくるものなのです。

だから双子っていってもニコイチで見てキャッキャしていいのは最初だけなんだなあって。

ある程度成長したら、それぞれが独立した個体っていう見方をしてあげないといけないと思うのです。

少なくとも親としては。

双子あるある

コレは当事者にならないとピンと来ないのかもしれないけど、双子ならではのあるあるネタって結構あるものです。

ヨメは双子学級で知り合った人と何回か会っていまして、そこではかなりの盛り上がりを見せていたみたい。

双子の親目線でのあるあるもあるのかも。(あるのゲシュタルト崩壊)

無条件で「カワイイ!」って言われる

双子っていう時点でカワイイ物として捉えられる様で。

ベビーカー押してるとすれ違う人がみんなカワイイって言ってくれる。

それはそれで嬉しいんだけど、一人ずつの時も同じテンションでカワイイって言ってくれるんですかね?

なんてね。

無条件で「似てるぅ!」って言われる

双子っていう時点で似ている物として捉えられている様で。

公園とかでムスメ達と一緒にいると、オバちゃん達がよって来るんですよね。

「フタゴちゃん?やっぱりそっくりだねえ」

「おんなじ顔してカワイイねえ」

とか言ってくれるんです。

それはそれで嬉しいんだけど、正直親としてはそこまでそっくりっていう認識はしてないんですよね。

特にウチのは二卵性だから生後半年も経てば区別がつく程度には顔も違ってるんだけど…..

「双子ちゃん育てるお母さんは大変ねえ」ってよく言われる

双子以外を育てた事が無いので比較した事がない

そりゃそうだ。
ウチにしてみたら「子育て」=「双子育て」ですからね。

大変なのはフタゴに限った話じゃないから、世の中の育児頑張っている「お母さん」と呼ばれる方々には感謝とリスペクトしかないです。

「一度に二人育てられるから楽でいいわねえ」って言われる

楽かどうかは知らないけど、楽しいのは間違いない。

だけど変なニュアンスで嫌味っぽく言われた事があるらしく、その時はちょっとだけ「ああん?」って思ったって。

「一人ちょうだいよ(笑)」って言われる

何度かオバちゃんにマジ顔で言われる事が結構な頻度であります。

社交辞令なのはわかってるんですけど。

「どうぞ」とは言わないよね

風邪とか胃腸炎は順番に

同時になったらなったで大変なんだけど、一人が風邪ひいて治ったと思った瞬間にもう一人が発症。

親にうつる事もあるので、結局向こう1か月くらいウチの中では誰かしら体調悪い日々。

そこでの順番待ちはいらないです…

近場でも双子用ベビーカーで出かけたい

なんだかんだ言っても注目されたいんですよ。

なんかデカくて邪魔でスミマセン

そんないいもんじゃないですよ

言うほどかわいくはないと思いますよ

みたいな顔して内心ではずっとニヤニヤしてます。

人が集まる所にフタゴ用ベビーカーで行くときはテンションがあがる

ムスメをダシにして注目を浴びたい父親の汚い部分がにじみ出ているのは自覚アリ。
でも一度味わったらヤミツキになってしまうのです。

女子高生とかが群がってくるんですよ、ボクの周りに。
キャーキャー言いながら。

こんなにウレシイ事はないんだけど致命的な勘違いをしている事には気づかないフリ

とにかくカワイイんだから仕方ない

親バカ全開で申し訳ないのはわかってます。
ぶっちゃけ双子っていう事でカワイさみたいなものが3割くらいアップするというのはなんとなく認めます。

だから街中でオバちゃん達がよって来て口々に言う「フタゴちゃんはカワイイねえ」っていうのも素直に聞かなくちゃいけないのかななんて思ったりもしています。

遊んだりケンカしたりメシ食ったり爆睡してたり、一緒に色々な事をやってるのを見てると、なんかニヤニヤしてしまうのです。

女子達の間で流行ってた「双子コーデ」ってあるじゃないですか。
アレ、ウチのムスメ達はリアル双子コーデしてますからね。

頂き物なんかは色もデザインも同じ物が2人分が多いんだけど、ボクが買ってあげる時なんかは一緒に買い物に行ってある程度選ばせています。

ある程度、っていうのは金銭的な部分もあるけど、放っとくと結構ヤバめなの選ぶ危険性もあるから。

10年はえーよってくらいのヤツ試着しようとした時はナチュラルに「ちょまてよ!」って言ってしまったし。

ヨメは「お母さん」っていう役割上、かなり厳しいしつけをしてくれています。
そこにあざとく入り込んでボクはムスメ達に「パパダイスキ」って言わせて満足しているのです。

思春期が来てカレシが出来て結婚して、っていう流れは親としては歓迎すべき所なんだけど、まだまだそんな事は考えずに。

まだあと何年かは、そんなフタゴのムスメ達を生暖かい目で見守っていこうと思っているのです。

(おまけ)これから新しい命を授かる人におススメの話

当時、ヨメはヨメで不安がいっぱいだったんだと思います。
夢が叶ったとはいえ、初めての出産が双子なので。
身体もそんなに大きな方じゃないからお腹の出具合も結構な物でした。

そんな時期に病院でおススメされた本があって、それを読んだらものすごく気が楽になったっていうか、子供を産むってものすごい幸せな事なんだって思えるようになったらしいので紹介させて下さい。


ボクも読んだけど、まあ泣きますよ。
生まれる前に読んで号泣。
生まれたあとに読んで号泣。
幼稚園の卒園時に読んで嗚咽。

心がキレイになること間違いなし

コメント

タイトルとURLをコピーしました