【キングジム/ピットレック DNH20】増え続ける名刺データを管理できるデジタル名刺ホルダー。大量のデータをこの1台で。

KINGJIM PITREC デジタル名刺管理 グッズ

スーツを着ないサラリーマンは今ではそれ程珍しくはありませんが、名刺を使わないサラリーマンはあまりいないと思います。

名刺というものは、初対面の相手に対して名前や所属先、連絡先などの情報を伝えるという目的で使うことが一般的。

ここ最近はサラリーマンじゃなくても名刺を持っている人は多いですよね。

 

ブロガー名刺作りたいよね

 

社会人として名刺交換というのは、基本中の基本のビジネスマナー。
交換した名刺は自分の財産になっていくものだから、きちんと管理しておきたいもの。

 

というのが理想ではあるんだけどね

 

名刺の管理って意外と大変なんですよね。

ボクも本業ではかなりの名刺交換をするので、管理がワチャワチャになっています。

 

 

アナログ管理もきちんとできれば効果的ですが、名刺の管理にはもう一つの選択肢があることにお気づきでしょうか。

 

デジタル管理だね

 

今回は増え続ける名刺をデジタル管理できてしまう、メチャ便利な【キングジム/ピットレック】について紹介していきたいと思います。

 

・名刺の整理と管理があんまり上手じゃない
・名刺を外出先で確認することが多い
・「えー!なにこれすごーい!」って言われたい

 

キングジム<ピットレック>って?

デジタル名刺ホルダー「ピットレック」DNH20  プロモーションビデオ

KINGJIM公式サイト/PITREC

 

この【キングジム/ピットレック】は、本体に内蔵されているカメラで名刺を撮影する事で、その情報をデータ管理できるアイテムです。

 

2GBのmicroSDカードを使用すると、約5000枚分もの名刺データを保存する事が可能。

保存した名刺データは、キングジムのサイトからダウンロードできる専用の名刺管理ソフト(DA-1)で簡単に管理や編集もできるというスグレモノ。

 

DA-1のダウンロードはコチラ

 

 

キングジム<ピットレック>の使い方

キングジム ピットレック

KINGJIM公式サイト/PITREC

 

キングジム/ピットレック】の使い方は超簡単。

本体に名刺をセットしたらシャッターボタンをタップ。
これだけで名刺を画像として保存できるのです。

「会社名」「氏名」「電話番号」など最大で12項目を自動でテキストデータ化して登録することが可能。

 

OCR機能で登録できるのはこの12項目

会社名
会社名読み
氏名
氏名読み
部署
肩書き
郵便番号
住所
電話番号
FAX
URL
メールアドレス

 

もっと他の情報も記録したい時は「手描きメモ機能」

キングジム ピットレック 手描きメモ

一度に複数の人と名刺の交換をする時などは、誰がどの人だったか忘れてしまうこともありますよね。

そういう時には名刺にちょっとした情報を追記しておくと、ひもづけされた印象が思い出す手助けをしてくれるのですよ。

 

 

この【キングジム/ピットレック】も保存した名刺データに後から追記することが可能です。

手描きメモ機能を使えばペンの色や太さも好きなようにできるので、相手のルックスの特徴やその日の会話内容などを追記しておきましょう。

 

悪口は書いちゃダメだからね

 

 

キングジム<ピットレック>の便利な検索機能

 

ビジネスにかぎらず、名刺の管理で一番大切なのは目的のデータを素早く探せること。

キングジム/ピットレック】は、保存したデータの中から必要なものをスムーズに検索できる機能がついています。

キングジム ピットレック 検索機能

検索クエリは「会社名」「登録日」という基本的な項目に限らず、「実際に名刺を交換した日」「最後に名刺データを閲覧した日」などの7種類。

 

ピットレックの検索機能

・会社⇒登録した会社名で検索
・氏名⇒登録した氏名で検索
・登録日⇒名刺を「ピットレック」に登録した日時で検索
・閲覧日⇒名刺データを最後に閲覧した日時で検索
・会った日⇒登録済みの相手の名刺データに「会った日」を登録しておき、その日時で検索
・マイリスト⇒自分でグループを作成し、名刺データを登録(最大120件)
・キーワード⇒あらかじめ設定しておいたキーワードから検索

 

これだけでもかなり便利に使うことができますが、さらに詳細な絞り込みもできてしまいます。

 

さらに便利な絞り込み機能

・お気に入り⇒よく使う名刺データを「お気に入り」に登録しておけば頻繁に使う名刺データを簡単に表示する事が可能。
・しおり⇒相手の特徴やその人の業種などを「しおり」として登録しておき、そのキーワードで絞り込むことが可能。
・倉庫⇒登場機会の少ない名刺データは一旦非表示にすることが可能。

 

キングジム/ピットレック】にはこのような機能が備わっているので、「あれ?あの人の名刺どこいったかな?」「先週会ったばかりなのに」「ちゃんと名刺入れにしまったはずなのに!」「あ、名刺もらってなかったわ…」なんていうミニコントを披露することは無さそうです。

 

 

キングジム<ピットレック>のスペック

簡単なスペック表ですが、御検討の参考にして頂ければ。

本体色 ホワイトのみ
画面 タッチ入力機能付き液晶 3.5インチ TFTカラーLCD、HVGA(480×320dot)
タッチ入力方式 抵抗膜方式
対応記録メディア microSDカード(最大容量2GB)microSDHCカード(最大容量32GB)
カメラ 約200万画素 CMOSセンサー
登録可能な名刺サイズ 最大91×55mm 厚さ 最大0.7mm
保存可能名刺枚数 約5,000~6,000枚
(microSDカード2GB使用時)※5
電源 リチウムイオンバッテリー
インターフェイス USB2.0(microBタイプ)
外形寸法 約128(W)x72(D)x15(H)mm
質量 約119g
対応OS(PC接続モード時)
Windows 10/8.1/8/7(32/64bit版)各日本語版
OS X 10.10/10.9/10.8/10.7
USBポートを標準搭載しIntelプロセッサを搭載したMac※OSをアップグレードしたパソコンでは正しく動作しないことがあります。

 

 

キングジム<ピットレック>は便利なアクセサリーも充実している

キングジム ピットレック 画面

 

せっかくの便利なグッズだからこそ、アクセサリーにもこだわって使い倒したいものです。

キングジム/ピットレック】は別売りのアクセサリーも充実しています。

 

\合皮タイプの専用ケース/

 

\帆布タイプの専用ケース/

 

\専用保護フィルム/

 

\USBアダプタ/

 

メーカー純正の商品なので安心して使えますよ。

 

まとめ|キングジム<ピットレック>は名刺の管理を簡単にしてくれるデジタルアイテム

キングジム ピットレック

 

仕事でもプライベートでも名刺は常に増え続けるもの。

一度交換した相手に「えっと、どちら様でしたっけ?」なんて言うのはホメられたものではありません。

とはいえ、アナログ管理だけでは限界があるのも事実です。

データ化して管理できる【キングジム/ピットレック】は、名刺の管理をデジタル化してくれる商品。

自信を持っておすすめできる商品です。

 

飲み会の席でドヤれるかもしれないよね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました