全記事一覧(サイトマップ)

【知らないと恥ずかしい】意外と間違ってしまう年賀状の書き方とかマナーとか

年賀状のマナー

年賀状、毎年書いていますか?

最近はメールとかLINEとかで済ませてしまう事が多いと思います。
だけど、仕事関係だったり昔からお世話になってる人だったり、丁寧なあいさつをしておくのも大事な事。

きちんとした年賀状で年始の挨拶くらいしておきたいものです。
いい大人としては。

あらためて聞かれるとわからないこといっぱいあるわ

そんな方も多いと思います。
一緒に年賀状の書き方を改めて確認してみましょう。

スポンサーリンク

ボクは年賀状肯定派

年賀状、と一口に言っても書式や内容によって意味合いが少し違います。
一般的なのは、あらかじめイラストが印刷された物だったり、家族の写真等をプリントした物だったり。
仲間ウチとかの軽いモノであればそんな感じでもいいと思います。

ですが、いい大人としては礼儀やマナーをわきまえた年賀状だって必要になる事も。
きちんとした手書きのコメントを添えるだけでも印象が全然違うし、もらう立場からしてもイヤな気はしないものです。

ボクも一応社会人として、そういう年賀状を出していたつもりではいるんだけど、自己流のマナーは時として失礼にあたる事もあるのです。
いい大人として、そういう失敗はしたくありません。

という事で。
今回はいい大人として恥ずかしくない年賀状について。
お気づきかと思いますが。「いい大人」っていうワードを連呼しています。

さっきからウチの同僚が得意先と揉めてて「いい大人なんだからちゃんとした対応しろよ」とか叫びまくってるから。

なんか言いたくなったのです。

昔はこんなので作ってたよね

年賀状の基本的な構成

1.新年を祝う言葉(賀詞)
2.旧年のお礼
3.変わらずのお付き合いのお願い
4.一言
5.相手を思いやる言葉
6.年号など

こんな感じで組み立てるのが◎

新年を祝う言葉(賀詞)

「あけましておめでとうございます」「謹賀新年」等、いわゆる導入部分。
いつまでも「あけおめ」「ことよろ」とかはちょっと恥ずかしいですよね。

ちゃんとした年賀状にこういう書き方する人は、裸足で足の小指にピンポイントで鉄アレイ落としてればいい。

ちなみにこの部分、既に印刷されている物を使用する場合は、重複しちゃうから省略します。

何回「あけましておめでとう」言うんだよって

あと、ありがちなのが「新年あけましておめでとうございます」という書き方。
「新年」と「あけまして」を同時に使うのは好ましくないのです。

パスタおかずに白飯食うみたいな?

旧年のお礼

「去年」という書き方はNG。
「去」は「去る」という忌み言葉なのです。
「旧年」、もしくは「昨年」という書き方で。

旧年中は大変お世話になりました。

昨年は格別のご指導を頂き厚く御礼申し上げます。

変わらずのお付き合いのお願い

新しい年も変わらずお付き合いいただけるように。丁寧な感じで心をこめて。

本年もよろしくお願い致します。

本年も変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

一言

ここがセンスの問われる所。
相手によって書く内容も買えないといけないしちょっとだけメンドクサイです。

でもまあ、そんなに難しく考えなくてもいいのかと思います。
会社の同僚や近い友人には普段話している様な簡単な内容で。
久しく会っていない人であれば、自分の近況報告を簡単に添えるとか、そんな感じで。

後で掘り下げます。

相手を思いやる言葉

健康や幸せを願う様な言葉を最後に書いて締めくくる。
これがいい大人として書き上げる年賀状の形。

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

新しい年がすばらしい年になりますように。

年号など

西暦でも良いです。日付や干支を書き添えてもよいです。

あとは一言コメント、気の利いたメッセージを書いて締めましょう。
相手の事を考えている一言コメントは気持ちがいいものです。
コピペしたみたいなコメントだと味気ないし。

相手に喜ばれる一言を書くためには、相手の事を思いやる事が必要なのかなと思います。
そうすれば自然とその人その人に向けたメッセージが書けるハズで。

できるだけ具体的な内容から考えていくとステキコメントになりますよ

会社の同僚や親しい友人には普段話している様な内容だったり、最近の付き合いの中で話題になった事から拾っていくのがベターかと。

ただ、忘れちゃいけないのは、年賀状という物は必ずしも本人が最初に見るとは限らないって事。
家族とか同居してる人がいる相手に向けた物は注意しないと、まあまあの事件になってしまう事もありますので注意しましょう。
プライベートすぎる内容は控えないと。

ボクも経験ありますよ。

まだ結婚前、実家暮らしだった時。
ツレからの年賀状に「今年も○○行ってナンパしまくろうな」とか書いてあって母親と妹からしばらく距離をおかれた事がありました。

きまずい

さておき。

久しく会っていない人への一言を書く時は、その前の年の年賀状を見ると良いかもしれません。
もしかしたら結婚や引っ越しをしていたかもしれないし。
そんな環境の変化があったのであれば、その後の一年ではもっと変化があったかもしれないし。

同窓会くらいでしか会わない様な昔の友人等へは、懐かしい出来事を思い出せるエピソードもいいかもしれません。
でも実家暮らしの人に「ナンパが云々」とかはやめておきましょう。

っていうかやめて欲しかった

こんな年賀状は不快です

たかが年賀状。されど年賀状。
テンションあがって色々書きたくなる事だってありますよね。
だけど新年早々、年賀状を見て不快になってしまう事は残念極まりない。

プライベートに踏み込みすぎ

「相手の事を考えて」という事が間違った方向に行くと失敗する例。

調子乗って踏み込み過ぎた内容は不快に思われても仕方ないです。
プライベートな話題まで相談できるような間柄の親しい友人とかならまだいいけど。

それなりに距離感のある人に対して「今年こそは結婚の報告待ってます!」とか「就職祝い用意して待ってます」とか。

大きなお世話だよね

もちろん良かれと思って書いているとは思いますが(たまーに悪意を持って書くヤツもいるけど)年賀状に書くコメントとしては避けた方が無難です。

新年からグチや悪口はやめよう

グチを言い合う仲だとしても、新年の挨拶から言う話題ではありません。

「あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。ところであそこの会社の○○がうっとうしくて仕方ないです。いなくなればいいのに」

どうリアクションしていいのやら。

他人の噂話もダメです

年賀状という物は差出人と受け取る人の1対1のやり取りが基本。
できるだけ他人の話題はやめておくべき。

〇〇さん、やっと今年結婚するらしいよ

前に一緒に仕事したの□□さん、会社辞めるんだって

それなりの間柄なら本人からきちんとしたアナウンスがあるハズです。
アナウンスが無いのなら、残念ながらその程度のお付き合いって事ですね。

忌み言葉には気を付けましょう

コレは礼儀というか常識。

忌み言葉とは

「失う」「衰える」「切れる」「終わる」「落ちる」等、良くない物を想像させる言葉

絶対に使わないように。
ギャグでもネタでもダメ、ゼッタイ。

スポンサーリンク

相手に合わせた一言コメントの参考例

ほんの一例だけど、こういう感じで書いたら無難なのでは。
細かい部分は相手にあわせて適当にアレンジしてください。

親しい友人には

「昨年はお互いに忙しくてなかなか遊べなかったけど、今年はたくさん遊びましょう!」
「〇〇ちゃんがうらやましくて私も★★を始めようと思います!」
「この前の旅行はとても楽しかったです。今年も計画たてましょう!」

何年かに一度会うような親戚には

「昨年娘が小学生になりました。お祝いで頂いたランドセルを毎日大事に使っています」
「みなさんお変わりありませんでしょうか?今年こそは夏休みにでも遊びに行きたいと思っています」
「海外赴任3年目になり毎日忙しい日々を送っています。帰ったら面白い話をお聞かせしますね」

会社の同僚には

「いつもサポートして頂きありがとうございます。今年は少しでも私がサポートできるように頑張ります」
「今年はお互いに飛躍の年になると良いですね」
「毎日忙しくて飲みにも行けていないのですね。今年こそは余裕が出来るように頑張りましょう!」

会社の上司には

「旧年中は温かいご指導を賜り厚く御礼を申し上げます。本年もご期待に添えるよう努力していく所存です。」
「〇〇さんのお仕事に対する姿勢は大変勉強になります。少しでも近づけるよう本年も精進致します。」
「昨年から赴任している◇◇では毎日刺激を受ける日々を過ごしています。みなさんはお変わりありませんでしょうか?」

会社の部下には

「昨年の△△の案件では取りまとめ役ご苦労様でした。本年もみんなで盛り上げていきましょう」
「いつも縁の下の力持ちとして支えてくれている事は社内全員が評価しています。更なる飛躍を期待しています」
「本年は○○君にとっても大きな転機になると思います。フォローは任せて下さい」

こんな感じで書けたらもう年賀状マスターです。

略してNJM

スポンサーリンク

宛名面も気を抜かないように

せっかく書き上げた自慢の年賀状。
宛名面にも注意しないと台無しになってしまいます。
いい大人としての年賀状は、表も裏もきちんとした形で完成させたいものです。

連名で書く時の基本

家族ぐるみでお付き合いしている相手に送る場合は、最初に世帯主、左隣に奥様の名前を。
名字は世帯主のみでOKです。
お子さんのいる場合は左に続けて書いていきます。
お子さんの敬称は「様」「くん」「ちゃん」どれでも構いません。

結婚した女性へ出したい場合、旦那様と面識があったり夫婦としての交流があるのであれば、基本通り世帯主から先に宛名を書いていきます。
旦那様との面識がほとんどない時は女性の名前だけで出す方が一般的ですね。

縦書き?横書き?

表面と裏面を統一させる事が前提なので、よっぽど親しい間柄でなければ縦書きにしておきましょう。
住所の番地等の数字の部分は、縦書きなら漢数字が基本。

住所の書き方

郵便番号や都道府県は略さずに書きましょう。
相手が会社の場合も株式会社を(株)等と略す事もヤメた方がいいです。

年賀状を書く時に使う道具

無難なのはやっぱりは筆ペンではないでしょうか。
誰に対しても失礼はありません。
ザ・ネンガジョーって感じで自分もテンションあがります。

筆ペンってうまく書けないんだよね

そんな時の代用としては、万年筆、もしくは油性ペンで。

ボールペンはNG、というわけではないけど、ちょっと事務的になってしまうのは少し味気ないかもしれません。

インクがかすれたりインクがダマになったり。
見た目にも美しくない年賀状になってしまうケースもよくある話。

まとめ|年賀状は基本だけおさえておけば難しいことは何もない

こんな感じで基本さえおさえておけばそれ程難しいもんじゃないと思います。

仕事関係、友人関係、親戚等、他人との関係が希薄になっていると言われている昨今ですが、新年の挨拶くらいはしておきたいかなって。

普段言えない様なこっぱずかしい事でも年賀状のマジックで言えたりするし。
ここで気の利いた事の一つでも言えたら好感度だって上がると思うし。
旧年のマイナスイメージをひっくり返す事だって出来るかもしれません。
メチャメチャ納期遅れした実績を無かった事にしてくれるかもしれません。

そこまで万能じゃないと思うけどね

そういえばちょっと前にお年玉付き年賀状で3等があたった事がありました。
地域の名産品をセレクト出来るヤツ。
ヨメも同じ考えだったらしく、秒速で『肉』って決めましたね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました