ボクが狙っているオフィスで使いたい便利グッズ。

グッズ

ボクは自他共に認める整理ベタなのです。
会社のデスク周りには書類の束とか作りかけのサンプルとか、着地点の見つかっていない商品の確認用見本とか、あふれすぎて笑えてくるくらい。
そのくせ自分のムスメには「出した物はちゃんと片づけりゃああああ」ってエラそうに言ってます。
絶対にこのエリアはムスメには見せられない。
ある意味聖域(サンクチュアリ)なのです。

特にこの時期、年末にかけては書類やらサンプル材料やらが続々と増えていて、なにがなんだか分からない状況で。
3分前に見てた書類がちょっと電話している隙に変な所に埋もれていたり、届いたばっかりのサンプルがちょっとメールしてる隙に行方不明になってたり。
妖精のいたずらが最近ひどすぎる。

まあ、一番ひどいのは「妖精が」とか言ってるボクというのはギリギリ自覚しています。まだセーフ。

毎年この時期に言ってるんだけど、もう少し整理整頓の出来たデスクで仕事をしたいのです。

もうここまで来たら大人の力(マネー的な)を最大限に発揮するしかないかなと考えはじめていたりして。
なんか小洒落た整理ボックスでもあれば、くらいの感じで探してみた結果。

整理とは関係ない方向へ行ってしまいました。
欲しい欲しい欲しい欲しすぎるぅぅぅぅって。

 

 

キングジム<KING JIM> 電子吸着ボード

直近のTODOリストや電話をしながらのメモとか、ファイリングするまでもない物って、大体が付せんに書いてPCのフチなんかにペタペタ貼るくらいでして。
でもこういうのが意外と重要でなくしたら困るのです。

ペタペタ貼ってるだけだとちょっとした拍子に無くなっちゃたりする事もあるし、何より見た目が美しくない。

そんな時はコチラ。

ノリもテープも使わずに紙が貼りつくというスグレモノ。
「静電気」を利用しているのです。
といっても、罰ゲームでよくあるビリビリマシーンみたいな怖いもんじゃなくて、ボードの表面に微弱な電流を流す事で静電気を発生させて吸着させる、と。

 

 

イスの後ろのカバン置き

鞄を足元に置いているので、しょっちゅうクソムカつく同僚に蹴っ飛ばされているんです。
動きが雑というか周りをあんまり見ていないというか、ボクのリュックを1日5回は蹴っ飛ばしてるんです。
もう今更イチイチ言うのも逆に気分悪いから無言で元の位置に戻す作業をしてる。
たまーに(かるーく)注意すると逆ギレするし。
逆ギレっていうかスネる。
「ハイ、スンマセン。ワタシハアナタノヨコヲトオッタノガイケナインデスネ。ツギカラハトオマワリシマスヨ」とか言われた気持ち。想像してみて。

もう自分のリュックの置き場所を変えるしかないなと。

椅子の背もたれを有効活用。
コレ、実は取引先の商社さんのオフィスで使ってる人がいっぱいいて、超おススメって言われたのです。

 

 

アイリスオーヤマ efeel(エフィール) デスクヒーター

こたつに入りながら仕事ができるなんて。
ウチの女子社員(30代メス、美容師の彼氏と同棲中)、去年の冬に「女子社員には全員コレを支給すべき、っていうか買え」って直訴してました。
却下されてましたけど。
ボクはあんまり恩恵を受けることはないと思うけど、冷え症の人とかには目からウロコなグッズらしいです。

ヒーター本体にフリース製のカバーをかけて、それをデスクの天板の裏側にマグネットで取り付けます。

f:id:noritama77777:20171212182317j:plain

こんな感じで。
確かに快適この上ないと思う。思うんだけど、一つだけ分かる事がある。

お前ら絶対デスクから動く気ないだろう。

 

R2-D2 バーチャルキーボード

R2-D2はマジで出来るコ。
コレマジ欲しい。っていうか買った。先週ポチッた。

ボクのデスクのPCはノートじゃないんで、キーボードがちょっとジャマな時もあるんです。
だから書き物する時とか作業する時とか、ズリズリっと奥へ押しこまないとワーキングスペースが確保できないのです。

仕事柄、パソコンでの作業だけしてるわけにはいかないのです。
そんな時にやっと出会えた運命の人。
運命の人とか言っちゃってるけど、正直スターウオーズはあんまり知らないです。
でもそんなボクでさえこの子は知ってる。

照射される赤いレーザーがバーチャルキーボードになるので、必要な時だけキーボードを使えるという優れもの。
もうコレはマトリックスとかバック・トゥ・ザ・フューチャーとかの世界。(←違う映画になってる)

薄っぺらい知識はさておき、コレ持ち歩いて得意先なんかでおもむろに出してパソコン使い始めたら絶対に盛り上がるはず。
仕事じゃなくても人気者になれるはず。
なんならボクからレーザーが出るまである。

早く届かないかなあ。

 

デスクの上の空気清浄機

ぶっちゃけウチのオフィスは空気悪いと思うんです。
雰囲気的な「空気が悪い」ではなく、物理的、環境的な意味で。
風の通りがあんまりよくないからランチ後とかには若干の食事臭も漂ってたりします。
ベランダでタバコ吸ってる時に窓なんか開いてたら室内にタバコ臭が入ってきたりもします。
気づいた人がチョイチョイ窓開けて換気はしてるんだけど、そもそもの生活臭的な物もあるからどうにもならない事も多くって。

更に、メンドクサイ同僚がコンビニで買ってきた弁当のゴミを自分の足元のゴミ箱に放置するもんだから、そこからも生ゴミ臭が飛んできたりもする。
本人曰く「自分、鼻悪いから臭い気になんないんすよねー」と。
お前の鼻はどんなんか知らんけど、お前のエリアから悪臭出てる事は認めろよと。

雰囲気的にも空気悪かった模様

まあ、雰囲気的なのはちょっとおいといて。
せめて自分のまわりだけでもキレイな空気にしておきたいと。
ジコボーエーってヤツです。
USBだけあれば可能なのです。

気分的な問題ってのはあるけど、精神的にはアリかと。
加えて雰囲気的な空気の悪さもキレイにしてくれる機能があれば6ケタ万円まで出してもいい。

 

USB加湿器

空気がキレイになった所で欲が出てきました。
次は乾燥を防いでみたいのです。

水を貼ったケースにコイツをうかべておくだけでミストが潤いを与えてくれるという。
ただし、いい年こいたオジサンがコレ使うのは5ミリくらい抵抗があるので。

こっちにしておこう。

 

卓上 シースルーアクア 水族館

残念ながら仕事してる時の大半は、何か問題を抱えてたり時間に追われてたり。
ストレスがたまる一方。
発散の仕方は人それぞれだと思うけど、視覚から癒しに入っていくのも宜しいのではないかと思います。

ペン立てです。
誰がなんと言おうとペン立てなんです。

LEDとか循環器とかも装備されてるので、実際に飼う事も出来るけど、コレはペン立てなんです。
眺めているだけで幸せで、あっという間に時間がたってしまうんだけどペン立てなんです。
仕事しろよって言われるかもしれないけど、コレ眺めているだけで癒されるんです。
あくまでもペン立てなんですよ。

だから経費で落とさせてください!

 

 

ビジネスサンダル

ビジネスマンたるもの常に足元には気を使いたいのです。
ボクは基本的に通勤時もスニーカーなので、めったに革靴なんかは履かないです。
そんなボクでさえオフィスにいる時はできるだけ足を解放しておきたいのです。
だから今は100均で買ったクロックスもどきを社内履きにしてるんだけど、さすがにコレで外出したり人前に出たりするのは勇気がいるミッションで。

まあ、だからといってスニーカー通勤辞める気はないのですが。

ボクみたいなゆるゆるサラリーマンじゃなくて、スーツに革靴、銀縁メガネにゼロハリ、そんなハイクラスのビジネスマン(かなりの私見だけど)に使って欲しいのがコチラ。

そんな人が社内で靴履き替えるかどうかは知らないけど。

ボクだったら絶対コレ履いたままお客さんの所に行っちゃう自信がある。
そして帰って来ても気付かずそのまま帰宅しちゃう未来が見える。

 

 

ノート型ホワイトボード

どこでもブレスト―(ドラえもん風に読んで頂きたい)

ドラマとかでよくあるシーン。
会議室ででっかいホワイトボードに色々と殴り書きをしながら各人のアイディアをまとめていく、ブレストってヤツ。
まあ、ボクの会社ではこんな事めったにないんだけど。
コレ、実際にやろうと思ったらそれなりの広さの部屋とホワイトボードが必要なので、いつでもどこでも出来る訳では無いのです。
「ちょっとブレストいい?」とか「さっきのブレストの事でさ」とか、ただ「ブレスト」ってワード言いたいだけじゃないかなって人もたまにいるのは気のせいかもしれませんけど。

まあ、そんなブレスト好きな人たちにはこれをお勧めします。

ノートタイプなので持ち歩けるし、ちょっとしたメモにもなる。
小洒落たカフェとかでコレ出しながらブレスト(ボクも若干言いたくなってる)してたら確かに優越感あるかもしれない。

さっきのブレストで言ったのはジャストアイディアだから明日の会議のアジェンダに入れなくてOKだけどバジェットだけはフィックスしておかないとコンプライアンス的にリスケ必至だから。

えっと、なに人?

 

 

一応まとめ

1日の大半を過ごすオフィスこそ快適な空間にしておきたいなあ、と思っているのです。
10年前から。

だからグッズを使うことで改善されるのであれば、どんどん買い揃えていいと思います。
ただし、一気に全部揃えたら揃えたでうっとおしくなるかもしれない。
という事で、少しずつ気が付かれない様に(経費で)買っていこうと計画してるのです。

グッズに頼らず、まずは自分で整理する事が重要、ってのは分かってます。
分かってるんだけど絶対に出来ないっていう確固たる変な自信があるのです。

これも10年前から。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました