全記事一覧(サイトマップ)

スロプロ気取ってた大学生の時の話

「パチンコは適度に楽しむ遊びです」

適度ってレベルじゃないと思うんですよね。
今の台の仕様は。

あんまり堂々と言える趣味じゃないのですが、今でもチョイチョイ嗜んでいます。
パチンコ、パチスロ歴は結構長いのです。

興味ない人には何言ってるのか全く分からないと思うけど、今の台ってよっぽどのヒキが無いと当たりまでにそれなりの投資が必要でして。
それを取り返せるかどうかは、これまたヒキに頼る部分が割と大きくて。
そりゃあ遊戯人口減りますよ。

1時間チョイで3万使って5分で終わってゲームオーバーとか。
もうね、全然遊技機じゃない。
適度に遊ぶってどの口が言ってんだ。

さておき。

昔はよかった的な話になってしまうのですが、大学生の頃はパチスロでそれなりのお小遣いを稼いでいたのも事実。
その頃の話を思い出してみます。

スポンサーリンク

当時のパチスロ事情

細かい説明は割愛するけど、パチスロってその世代によってゲーム性とか仕様とかが全然違うのです。

今主流なのはATとかARTとか言われるシステムによって出玉を作るタイプ。
コレ、適当に打ってると初当たりまでにエライ金がかかりかねない。
せっかく当たっても大して増えない事もしばしば。
天井狙い、ゾーン狙いとか、そういう知識がないとまず負けます。
とはいえ、設定狙いなんていう正統派は夕方から打つにはちょっと厳しいんで。

でも、ボクが学生の頃は1000円で、っていうかメダル3枚で確実に当たりが引けたんですよ。

「モーニング」

当時はさっき言った様な複雑な仕組みは無く、純粋にボーナスのみで増やす仕様だったんで。
その機種とか設定によってマチマチだけど、要はメダル3枚(60円)で200~300分の1くらいの当たりを引けばOK。
大体300枚チョイのメダルが出てくるから5000円くらい(交換率とかがからむんだけどソレはここでは割愛)

今では禁止されているんだけど、当時は朝から来るお客さんの為にあるサービスが多くみられました。

それが「モーニング」

モーニングとは

「開店時に既に当たっている状態」

って事です。

パチンコと違って、当たりを引いても指定された図柄(7とかBARとか)を自分で揃えない限りボーナスは始まらないから、パッと見は特に何もないように見える。
だけどリーチ目って言われる「当たってますよ」って分かる出目だったり、あからさまな台だと、当たるとランプがついて教えてくれるのもあるのです。

そういう台を確保したらそ自分でコイン投入してレバーを叩いて揃える。
そんだけで5000円。
メッチャ簡単な作業です。
ただ、そういうお店って開店からしばらくはコイン流せないから、そのコインを使って打つ事になるんですよ。

要するに、最初に1回当たりやるからしばらく打ってろっていうお店からのサービス的な物。
モーニング台に設定入ってる事は期待できないから、増えればラッキーくらいのスタンス。

設定示唆、もしくは公開

パチスロには設定っていうもんがあって、その設定によって当たりの確率が違うのです。
大体1~6まであって、6が一番確率が高い。
だったら6打ちたいじゃんって思うのは当たり前の事で。

今では禁止されてるんだけど、当時はその設定を暗に教えてくれる事も多かったのです。
台の上に何らかの札を刺すやり方が多かったのですが、それがサイコロの目だったり魚の絵だったり(コレはパチンコ打つ人じゃないと分からないと思う)そういうので示唆してくれてたんです。

もっと露骨なのは「4」とか「上」とか「てっぺん」とか書いてある札刺しちゃうケース。
まあこれはどこまでそのお店を信じるかっていう部分もあるから100パー信頼出来る物でもないのですけどね。

スポンサーリンク

スロプロ気取ってた大学生

モーニング然り、高設定然り、ちゃんとしたお店で打つ前提であれば、台を確保しさえすればまず負ける事は無かったのです。
だからちゃんと早起きして開店前に並ぶっていう規則正しい生活を送っていたのです。
”規則正しい”の方向が間違ってる事にはこの頃は全く気付かずに。

ボクは学校の近くのホールに通ってました。
なんかの間違いで学校にいかなきゃならなくなった時に便利だし、一緒に通うツレもいたし。
そもそもさっき言った札の信頼度もそれなりにあったし。

ただ、そういう意味での「優良店」だったからなおさらライバルも多くて。
ヘタしたら並んだのに台がとれない事も少なくなくて。
だから朝の並びって結構重要だったのです。

一緒に通ってたツレは、なんでボクなんかと友達になったのか分からないくらいタイプが違うヤツでした。
オラオラ系っていうか、まあ見た目がイカツイ。控えめにいってイカツイ。
今出会ったら間違いなく道開けて彼の視界に入らない様にします、間違いなく。

f:id:noritama77777:20180222130655j:plain

▲朝の通勤時に冷たい視線を浴びせられるのはちょっとキツかったです。

並びでのトラブル

そんなイカツイ見た目のツレと一緒に並んでたから、結構目立ってたのは間違いないと思います。
彼の名誉の為に言っておくと、イカツイのはあくまでも見た目だけ。
中味は結構やさしくていいヤツでした。
さらにボクも知ってる1コ上のセンパイと付き合ってて彼女にはかなりの愛情を注いでたりしました。
インカレのサークルにいたんで、その彼女は他の学校からもモテモテ。
なんであえてソイツを選んだのかは今でも分からない。

仮にタニグチ君としておきます。
実はボクにパチスロを教えたのはこのタニグチ。
ちゃんと聞いた事はないけど、13歳の頃からパチンコ屋には出入りしてたみたいです。
確かにあの見た目とガタイだったら服装だけ大人ぶればそんな感じに見えなくもないし。

さらにモーニングやら設定札やら、そういう仕組みもレクチャーしてくれたのもタニグチ。
規則正しい生活(台取る為の)をボクに叩き込んだのもタニグチ。
その頃の僕は完全にタニグチ色に染まりまくっていました。

ある日、いつもの様にいつものホールに並びに行くと、先頭から3メートルくらいのスペースにマンガやら空き缶やらが置いてあって。

今まではそんな事なかったし、そもそもこのホールは基本的には物での順番取りは禁止してたから、いつもは遠目から見てもどのくらい並んでるかが分かる感じだったんです。
それがその日は違ってて。
恐らくそのホールのウワサを聞きつけた新参者が来たのだと。

ボク達はいつも、ジャンケンして負けた方が並んでる間に食べる朝メシを買いに行く事にしてたんだけど、その日はボクに買ってきてくれないかとタニグチに言われまして。

せいぜい置いてあるマンガとかをどけて先頭に並ぶんだろうなくらいにしか思ってなかったんだけど。

タニグチはボクの考えのはるか斜め上を行く行動をしていました。

どこから持ってきたのか、デカいポリバケツ(よく飲み屋の裏口においてあるようなヤツ)に置いてあった場所取りマンがとかを全部突っ込んで駐車場の入り口に放置してました。
多分デフォルトで入ってた生ゴミもあったと思います。
そうこうしてるウチに開店間際になって、その持ち主も先頭にいるつもりでダラダラやってきて。
まあキレますよね。

ダレダコラー▽☆$%◆(!”7==

みたいな、言いたいことは分かるけど言ってる事は分からない宇宙語叫び始めて。

正直に言います。
ボクはメッチャビビってた。

そいつら、みんな限界まで巻きました的なパンチあててるし。
中学生の頃以来に見たのですよ、教科書に載るような典型的なヤンキーなんて。

でも僕は知ってました。
タニグチはそういうトラブルに動じるヤツじゃない。
っていうかむしろ楽しんじゃうタイプ。
何食わぬ顔で先頭に並んでたタニグチ、そいつらに向かって一言。

ゴミはゴミ箱にすてないとダメだぞ。

って。

決してケンカ腰じゃなく、むしろ諭すような感じで。

結果、宇宙人はタニグチに突っかかっていったんだけど、タニグチは相手にしていません(少なくともボクの見える範囲では)。

そうこうしてるウチに開店したんで後は店員さんに任せることに。
ボクもタニグチも常連だったから顔は覚えてもらっていた事がよかったんだと思います。
当時の店員さんって今みたいな感じじゃなくって基本的にはそういう筋の人っていうルックスだったのです。

ソイツら軽く、ホントに軽く説教されたと思います。
店の中には入ってきてなかったから。
っていうか間違いなくパチンコ屋に入っちゃいけない年齢だろうし。

まあ、それ以外にも小さなトラブルはチョイチョイありましたけどね。
中国人グループにトイレで囲まれて中国語で脅された話とか(全然小さくない)

スポンサーリンク

タニグチとの別れ

結局1年生の秋頃から2年生の年末くらいまで、タニグチと一緒にこんな感じで遊んでました。
ウチの大学、1~2年生は郊外のキャンパス、3~4年生は都内のキャンパスになってまして。
ボクは都内でもタニグチと一緒におんなじ事をやるつもりでいたんだけど、それは無理な事で。

タニグチ、3年生に進級する事なく学校ヤメてしまいました。
聞いた所によると家業を継ぐからって。
元々は卒業してすぐに継ぐ予定だったらしいけど、なにやら事情が変わって前倒しになったみたいです。
家業が何かは結局聞く事なく。
なんかそこまで踏み込むのもアレかなって思ってたし。

ソロ活動

そんなこんなで、頼れる仲間もリラックスできるホームグラウンドも無くなった3年生の春。
一応言っておくと、最低限の単位が取れるだけの授業は出てました。
サークルにも入ってたし。
サークル行事にも参加してて3年生になった時点でなぜか幹部にさせられてたし。
ちょっとしたリア充ってヤツでした。

バイトもしてたから多少のお小遣いはあったんだけど、タニグチと一緒に行動してた時の方が余裕があったのです。
大学生のお金の使いみちなんて、服買ってメシ食ってたまに合コン行って、の繰り返しだからバイト代だけで十分賄えますし。

だけど小銭稼ぎが染みついてしまった大学生としては、パチスロからの卒業は出来ませんでしたね。

タニグチがいないので、基本は一人でホールに行っていました。
開店~昼過ぎ(授業出る時は11時くらい)までホール、メシ食って授業、夕方~夜までバイト、バイトの無い日はホール。
そういうサイクルで毎日を過ごしていたクソ大学生だったのです。

怖かったエピソード

そんな感じでソロ活動メインだったんだけど、秋になる頃には店員さんにも顔覚えられて常連気取ってました。

実際、ちゃんと設定入れてくるホールだったからバイト代の半分くらいの金額を稼いでいて。
モーニングはなかったけど、例の設定示唆のクセがわかると面白い様に勝てたのです。

そんなある日、客付き30パーくらいのシマなのにずっと隣で打ってるオジサンがいまして。
ちょっと鬱陶しいなくらいには思っていたんだけど、突然話しかけられまして。
最初は目押ししてくれ的な感じかと思ってたんだけど、なんか様子が違う。
そしてその時初めてそのオジサンの顔を見たのですが。

コエエ。

てっきり自営業かなんかで昼までのヒマツブシに打ってるオジサンだと思っていたんだけど。
一言で言うなら、インテリヤ〇ザ。目がおっかねえ。

自分の言葉使いを秒速で敬語に直しましたね。

とりあえずシカトして絡まれるのはイヤだったので一応話を聞いてみると、要はコンビ組まないかというお誘い。
ボクもまあまあ通っていたから目立ってたのかもしれないし、別の目的があったのかもしれない。
カラダとか?

正直に言うと、タニグチとのコンビが懐かしかったし一人で打つよりコンビの方が楽しいのは分かってました。
でも、この申し出には最大限の敬意を払ってお断りしました。

コエエもん。

オジサンはまさか断られるとは思ってなかった風で、「ん?、今なんて?」みたいなリアクションをされたんだけど、その時がMAX怖かったですね。

キレられて連れ去られて何かされたらどうしよう大きな声出した方がいいかなもうここには来れないなっていうか店員なんでニヤニヤしてんだよああマック食いてえなCGF(うsklうぇおう273783rfg……….

ってパニくったんだけど、意外とあっさり引いてくれました。

ちなみにそのオジサンとはその後もたまに顔を合わせる事にもなるんだけど、普通に会釈するくらいの関係でした。
結局あっちも一人で打ってたからコンビのオファーはことごとく失敗したんだろうなと。

っていう話。

スポンサーリンク

大学卒業と同時にこの生活も終焉を迎える

結局卒業までこんな感じで。
流石に3年生の後半くらいからは就職活動とかで忙しくなったのでパチスロを打つ頻度は下がったけど。
ホントに悔やまれるのは、大学4年間で稼いだ分、全く貯金出来てない事。
まあ使いましたね。今思うと贅沢の極み。
この後日本に未曾有の不景気の波がやってくる事なんて知らなかったから。

勢いでパチプロ気取ってた、とか言ってしまったけど全然そんな感じじゃなかったですね。
ただパチスロ好きのクソ大学生だっただけでした。
人様におススメ出来る趣味ではないんだけど、ちょっと懐かしんでみようと思った次第なのであります。

例のツレ、仮にタニグチ君って書いたけど、アレはウソだ。タニグチ君は本名なのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました