全記事一覧(サイトマップ)

【我が家の夫婦円満の秘訣】ヨメには不思議な能力がありました。

ウチのヨメはボクと同じ年です。
同学年。
最初の会社の同期でした。
入社して半年たたないうちにお付き合いを始めて10年くらい。
当たり前のように結婚して今に至ります。

正直に言うとですね、ボクは一目ぼれしていました。
パッと見が理想のタイプで。
ただ、会社の同期っていう事もあってあんまり軽はずみな行動はとれなかったんです。

だけど他の同期の女子からは「脈あんじゃね?」みたいな情報が入ってきましてですね。
思い切ってデートに誘って、頑張って、みたいな…..

メチャメチャ恥ずかしいカミングアウトしてるよね

で、まあ今はそれなりに幸せな生活を送っているのですが、ウチのヨメにはどうやら変な力があるみたい。

予言、とはちょっと違うけど、自分の希望がいつのまにか現実になるっていうステキパワー。

希望を実現させる不思議な能力

まずはボクとのおつきあい。
これは後から聞いたんだけど、同期の女子たちに「アイツ(ボクの事ね)を絶対カレシにする」って言ってたらしいです。
かといって、あざとさを出してきた記憶はないし、普通に同期としての仕事仲間っていう接し方しかしていませんでした。
でも女子会的な集まりの度に言ってたみたい。
かなり初期の頃から。

で、ワナにハマったボクはその年の11月にコクることに。

これでまず1つ希望を実現させました。

そのあと、当時の会社にいろいろな事がありまして彼女は転職します。

会社がM&Aされたんだよね

当時はボクも彼女もお互いに実家暮らしだったから、時間的にも経済的にもある程度の余裕はありました。

だからその転職活動の時も「まずは学校に通って資格を取る」って宣言してました。
今でも尊敬しているのですが、やると決めたことはストイックに一直線に頑張るタイプでして。

実際に宣言通り資格をとって、今でもそれを活かして働いてます。

2つ目の希望の実現です。

そしてなんやかんやありながらも結婚することになるのですが、この後誰も予想すらしなかった最大の能力が発現することになるんです。

さすがに10年もつきあったら責任はあるし、ボクだってこの人しかいないなとは思っていたのは認めます。
だけど煮え切らないボクは、タイミングがどうしてもつかめずにウダウダしていました。

ヨメの未来日記

そんなウダウダしているボクを見かねたのか、ヨメがある日手紙をくれました。
手紙っていうにはちょっとゴツいので一体なんなのか聞いてみると「これから先5年の予定表」とのこと。
現物は今でも大事に大事に保管していますが、驚くのはその中身。

”200〇年:プロポーズされる”

とか

”200〇年:子供(双子)生まれる”

とか。
昔はやってた「未来日記」みたいな感じですね。

まさにこの未来日記が、3回目にして史上最大の能力の発現だったんです。

なにがすごいかって、この予定表の内容って微妙な時期の違いはあるにせよ、項目については8割方当たってるんですよね。
当時はあんまり気にしてなかったけど、書かれている年に確かにプロポーズしてるんです。

だけど能力の発現も3回目ともなると、それくらいでは収まりません。

そう、極め付けは「双子」。
コレマジですごいなって。

ちょっと鳥肌たったよね

こればっかりは神様のテリトリーだから自分たちにはどうしようもできない部分。
でも今我が家には双子のムスメがいますからね。

ついにヨメの能力もここまできたかと。

ちなみに、結婚式では「奥さんの将来の夢は?」って聞かれたときには即答で「双子生むことです」って言ってました。

ボクは同じ質問に対して「立派な大人になる」って答えていた記憶があります。

しょうもなっ

ヨメに導かれる人生も悪くない

大人になると、いくつか腹をくくって決断しないといけない場面があるんですよ。
結婚だったり転職だったり。

今思うと、そういう決断の場面ってほとんどヨメから誘導されてた部分が大きくて。

プロポーズするきっかけだって今思うと誘導されていましたね。

たまたまデートしててどこも行くとこ決めてなかったからとりあえずお台場行こうって言われて。
お台場行ってもすることないから、今まで行った事のない所に行こうって言われて。
連れていかれた先が結婚式場だったっていう。

今は違う名前の式場になっていますが。
当時は「パルティーレ東京ベイ」って名前でした。

式場見学だけっていう軽いノリで行っただけなのに。
いつの間にか担当の人が付けられて、向こう半年ではもうこの日とこの日しか空いてませんねって言われて、仮でもおさえておいた方がいいですよって説得されて、気が付いたら予約をいれていました。

担当のお姉さんとヨメがグルだった説w

結局その日のうちに彼女の実家に行って報告してました。
まさか朝の時点では、この日が結婚を決める日になるなんて思ってもいなかったのに。

結婚してしばらくしてから聞いてみたら、やっぱりあの日はボクを囲い込むつもりだったみたいです。

チョロかったよって言われたよね

だけどそういうベースがあったから、プロポーズするときも全然緊張しませんでした。
そう思うとあの日のヨメのおかげだったんだなあと。

ここまでやってフラれたら、ね

大きなトラブルもなく無事に結婚した後、最初は駅近くの部屋を借りて暮らしていたのですが、ある日近所を自転車で探検しようと提案されまして。
とりあえず言う通りにして付いていったら、住宅展示場だったり建設中の建売住宅の案内地だったり。
いくつか回ってパンフレットもらったりして、帰る時には2件ほど見積りももらっていたっていう不思議な出来事もありました。

この時点ではボクは「家を買う」っていう事は全く考えていなかったんですよね。
まだまだ賃貸でいいかなって。

でもヨメ主導でいろんな所をまわっていたら、いつの間にかにローンの事を考えてる自分がいたりして。

あっという間に現実的な話になってきて、両家の親の賛成もあり家を買いました。

コレが10年前の話。

まだまだ残るローン地獄、絶賛進行中でございます。

たまには外食でもてなしてみたりして


☑厳選されたレストランを簡単に予約できる 

控えめに言って完璧なヨメ。頭があがりません

そして間違いなくボクの人生の最大のイベントであり、ヨメの能力が覚醒した瞬間。

子供が生まれるのです。

事前にわかってはいたけど、ホントに双子って。

立ち会って号泣する、みたいなことはなかったけど、無事に手術が終わって(帝王切開だった)一旦家に帰る途中ボクはずっとニヤニヤしてました。

おかげさまで元気で素直で面白く成長してくれているのですが、これもヨメの教育あってこそ。

ボクだったら甘々になっちゃうような事でも、時には厳しく接してくれるのはありがたい。

出会い、おつきあい、結婚、引っ越し、住宅購入、出産。

ほとんどのイベントはヨメの思い通りに進んでいます。

信じられないかもしれませんが、全部実話。
全部ウチのヨメが未来日記に書いていた事なんです。

なんかこわくなってきたw

こんなヨメにボクはずっと導かれて生きているんです。

おそらくボクはこの後もずっとずっとヨメの判断を大事にしていくことになると思いますよ。
基本的には従っていけば間違いはないんだろうなって。

ボクの威厳?

それは別になくてもいいかな。

一つだけ不安があります。

その未来日記、これから先の事が更新されてないのです。

どうすればいいんだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました